« 西武の不祥事 | トップページ | 温暖化対策 »

2007年3月14日 (水曜日)

YouTubeの売上高は、Googleの買収額の100分の1

http://markezine.jp/a/article/aid/887.aspx

Googleの昨年9月のYouTube買収額が16億5,000万ドル。
片やYouTubeの2006年の広告収入は1,500万ドル。

単純にPVからすると、もっともっと広告収入があってもいいはずだが、やはり著作権問題がクリアされていないことから、大手メディアとの提携もうまくいっていないみたい。

でもYouTubeって本当に便利なサービスではある。
昨日のサッカーのゲームのハイライトシーンが今日にはもうYouTubeで探し出すことができる。だけどこのYouTubeにアップロードされたサッカーの映像には法律的に解消されていない問題がたくさんあるのだ。スポーツの映像なんか権利の塊みたいものだからな。

それでもこのYouTubeのサービス、もっとうまくサッカーやその他のスポーツの普及とかにうまく使えないものかな。ロナウジーニョのリフティングの映像を、子供たちがいつでも見れて、真似したりしたら、サッカーうまくなる子が増えるよ。

時代はどう変わっていくんでしょうか。

ということでロナウジーニョの動画を

|

« 西武の不祥事 | トップページ | 温暖化対策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。