« 京都~東京 東海道五十三次 ドリブル横断 | トップページ | YouTubeの売上高は、Googleの買収額の100分の1 »

2007年3月13日 (火曜日)

西武の不祥事

西武ライオンズが、アマチュア選手に金銭を渡していた件、実に腹立たしい。

今回の不祥事を受けて、ドラフト会議の希望枠の撤廃が注目を浴びている。この希望枠が、野球界の裏金の全ての温床のような報道には少々あきれているが、希望枠が金銭授受に拍車をかけていることは間違いないだろう。

希望枠など完全撤廃すべきだと思う。そもそもプロスポーツのリーグは、戦力の均衡がリーグの盛り上がりを産むと考えているので、金持ち球団ばかりが優秀な選手を獲得できるこの制度はプロ野球そのものをつまらなくさせると思っている。高校生とそれ以外など分けずに、完全にウェーバー制をとるでよいと思う。

球界が希望枠を設置した一つの理由に、メジャーリーグへの選手流出を防止することが挙げられる。が、これも時代の流れに逆行した話だろう。スポーツ選手としてより高いレベルを求めるのは無理のない話で、メジャーリーグが日本のプロ野球よりレベルが高い以上、選手の流出を歯止めをかけるのは、事実上不可能といっていい。

WBCが昨年から始まり、野球も国際化に向かうなかで、日本のプロ野球の繁栄を考えた場合、国内だけの都合で考える時代はとっくに終わっている。外を向いた対応を野球界にも求めたいものだが、何かしないといけないというきっかけがいつも不祥事など後ろ向きなことが起こったとき、というのが野球界の対応が後手に回っていることを証明している。

起こってしまったことは仕方がないが、今回は徹底的に対応してもらいたいと思う。

|

« 京都~東京 東海道五十三次 ドリブル横断 | トップページ | YouTubeの売上高は、Googleの買収額の100分の1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。