« フットサルをライブで観ながら思う | トップページ | 携帯電話でテレビ »

2007年3月25日 (日曜日)

フィギュアスケートを見て思う

フィギュアスケートの世界選手権女子シングルで安藤美姫が優勝。優勝を期待されていた浅田真央は2位となった。男子の高橋大輔も男子シングルで見事2位になり、日本のフィギュアスケートのレベルの高さを改めて証明した。

不愉快なのが、マスコミの煽り方。
安藤美姫が全日本選手権を制した03、04年、マスコミはもうすごいミキティフィーバーだった。昨年浅田真央が出てくると今度は真央ちゃんフィーバーだ。今シーズンも浅田真央を中心にフィギュアスケートは盛りあげられた。

今回の世界選手権でも、ショートプログラムで5位に終わった浅田真央が、フリーですばらしい演技を見せ1位になった時点では、マスコミが描いた理想のストーリーができていたはず。

ところがどっこい、最終演技者の安藤が見事に逆転優勝。テレビ放送をしていたフジテレビも、少々戸惑ったんじゃないだろうか。

安藤美姫、浅田真央もまだ20歳にも満たない女の子。過剰な取り上げ方をして彼女たち本来の演技に支障がでるようなことはやめてもらいたいと思う。純粋にスケーター、アスリートとしての2人を追いかけてもらいたい。ドラマは特にいらない。この2人の競技上の争いはバンクーバー五輪まで続くはず。リンクの上で彼女たちを映すだけでも十分にドラマになると思う。

|

« フットサルをライブで観ながら思う | トップページ | 携帯電話でテレビ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。