« 2007年2月 | トップページ

2007年3月29日 (木曜日)

ブログを引っ越しました

ブログを引っ越しました。

ココログはもういい。

こちらになりますので、引き続きのご愛顧よろしくお願いします。

新「なせばなる。。。」
http://mottihina0303.seesaa.net/

| | コメント (0)

2007年3月28日 (水曜日)

携帯電話でテレビ

お昼に入ったコーヒーショップで、となりの席に座っていたおじさん二人が携帯電話のテレビでセンバツを見て盛り上がっていた。上司が最近買い換えた携帯電話で、夜に放送されていたサッカーの五輪予選の試合のテレビ放送を少し見た。ともにAQUOSケータイってやつだが、本当にきれいに映るし、思ったより画面大きくサッカーを見るのであれば十分な画質、画面の大きさである。

テレビを携帯する時代か。
ますます家族団欒のシーンが減ってくるね。日曜の夜は家族でサザエさんなんてのはもうはるか昔の話。家族それぞれが自分の部屋に専用のテレビというのが当たり前な時代すら通り越して、家族は家にいなくてもそれぞれテレビを見ることのできる時代。

いいのか、悪いのか。

| | コメント (4)

2007年3月25日 (日曜日)

フィギュアスケートを見て思う

フィギュアスケートの世界選手権女子シングルで安藤美姫が優勝。優勝を期待されていた浅田真央は2位となった。男子の高橋大輔も男子シングルで見事2位になり、日本のフィギュアスケートのレベルの高さを改めて証明した。

不愉快なのが、マスコミの煽り方。
安藤美姫が全日本選手権を制した03、04年、マスコミはもうすごいミキティフィーバーだった。昨年浅田真央が出てくると今度は真央ちゃんフィーバーだ。今シーズンも浅田真央を中心にフィギュアスケートは盛りあげられた。

今回の世界選手権でも、ショートプログラムで5位に終わった浅田真央が、フリーですばらしい演技を見せ1位になった時点では、マスコミが描いた理想のストーリーができていたはず。

ところがどっこい、最終演技者の安藤が見事に逆転優勝。テレビ放送をしていたフジテレビも、少々戸惑ったんじゃないだろうか。

安藤美姫、浅田真央もまだ20歳にも満たない女の子。過剰な取り上げ方をして彼女たち本来の演技に支障がでるようなことはやめてもらいたいと思う。純粋にスケーター、アスリートとしての2人を追いかけてもらいたい。ドラマは特にいらない。この2人の競技上の争いはバンクーバー五輪まで続くはず。リンクの上で彼女たちを映すだけでも十分にドラマになると思う。

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土曜日)

フットサルをライブで観ながら思う

駒沢体育館で開催されていたフットサル地域チャンピオンズリーグのグループリーグ2日目をライブ観戦しに行った。

フットサルは9月から全国リーグ、「Fリーグ」が始まる。しかし先月のPUMAカップ、そして今日の地域チャンピオンズリーグを見ていると、Fリーグの先行きに少々不安にならざるをえなかった。

この大会は東京での1箇所集中開催という形だが、観客席は半分くらい埋めたにとどまった。PUMAカップは有料にも関わらず駒沢体育館を満員にして見せたが、今回は観るスポーツとしての地位も相対的に高い関東、首都圏でも観客席を埋めきることはできなかった。

Fリーグは大半をホームアンドアウェイ方式をとる。関東以外の地区でこれ以上の観客を集めることができるだろうか。3,000人程度の観客を動員できる体育館を持つ必要性を各チームに求められたが、この体育館を満員にできる、どころか半分埋めることのできる集客力をもつチームがどれだけあるのか、非常に疑問である。

もうひとつはチームの体制。関東のチームや唯一のプロチーム、大洋薬品/BANFFはともかく、関西の雄、MAG'Sですら、現在の監督は選手。コーチやトレーナーなどのスタッフは充実しているのだろうか。試合中のベンチを見る限りそういった人材を見ることはできなかった。どこのクラブもともかく大会や試合など、競技面での日程を何とかこなしていく程度の体制しかもっていないような気がしてならない。

フットサルは確かに現在人気上昇中のスポーツだ。ただこの人気は「するスポーツ」として、その地位を固めてきた。その反面、フットサルを観戦するという習慣はまだまだ日本人には浸透していない。あるスポーツのリーグを立ち上げる以上、1年、2年だけの開催は許されず、半永久的に継続されていくことが前提になる。フットサルに関連する事業もしている会社の社員としては、盛り上がっていくことを当然期待するのだが、興行として果たして成功するのかはとても不安を感じるばかりだ。

| | コメント (0)

2007年3月21日 (水曜日)

【メモ】知的複眼思考法

知的複眼思考法
知的複眼思考法
posted with amazlet on 07.03.21
苅谷 剛彦
講談社 (1996/09)
売り上げランキング: 146993

7年くらい前に買った本をふと読み返してみた。書評というよりは読書メモとして。

1.問いの立て方と展開の仕方
  ・「なぜ」という問いからの展開
    因果関係を確定するには3つの原則がある。
    擬似相関(原因だと思われている要因が、実はあまり重要でない場合)に着目
    問いの展開
     問いのブレークダウン→「なぜ」と「どうなっているか」の組合せで問いを展開
     問いの分解には、どんな要因の影響があるのかの見当をつけながら分解

  ・問いを一般化・抽象化する
    2つ以上のケースを比較し、両者共通の特徴を概念としてつかみ出し、概念レベルで原因と結果の関係を表現しなおす
    上記原因結果を他のケースにもあてはめて確認する

2.関係論的なものの見方
  ・ものごとの二面性(多面性)に注目
    目の前の問題(事象)はどのような要因(要素)の複合かを考える
    要因間の関係を考える(相互作用の抽出)
    要因の複合のなかで、問題としている事柄の位置づけを考える(全体の文脈の位置づけ)

  ・「問題を問う」ことを問う
    「なぜそれが問題なのか」に着目することによって、ある問題を問題とみなす視点は何かをとらえる
    同じような事柄でも、問題にする視点によって問題のとらえ方や問題の仕方が違ってくることに注目
    問題の文脈に目を向ける方法として
     ・誰が得をし、誰が損をするのか
     ・当該の問題が解決したらどうなるか、を考える。

| | コメント (0)

2007年3月20日 (火曜日)

電車でのマナーについての考察

昨日だったか、仕事帰りの電車は混んでいた。大江戸線の車両は他の線の車両と比べても通路の幅が狭く、両サイドに人がつり革を持って立てば、それはもう背中どうしがあたるほど窮屈だ。

僕もつり革を持って立っていたわけだが、ある駅から乗ってきて僕の後ろ側に、反対サイドで同じくつり革を持って立ったヤツが、リュックを背負っていた。混雑していて、かつ車両の狭い大江戸線、ヤツのリュックが僕の背中にドシドシ当たるわけだ。こういう経験をした人は多いと思う。

リュック背負っているヤツはどんな神経をしてるんだろう。こっちの背中に当たっていることが気づいていないんだろうか。僕があの混雑な状態でリュックを背負っていたなら、背中からおろして手に持つか、網棚にあげる。

そういえば東京の地下鉄の車内にはリュックは背負うなというマナーの広告なり、案内がない。大阪の電車の車内にはそんな広告や案内があったのを覚えている。今日、ふとなぜ東京の電車には、この広告がないのかと考えた。

考察1
大阪にマナー広告があるのは、大阪人はマナーが悪いと自他ともに認められており、その反動で自らマナーを改めさせようという自浄作用があり、鉄道会社にもその心構えがある。

考察2
東京では以前リュックに対するマナー広告/案内はあったが、これらを掲示しても誰も守らないほど、満員電車の中でリュックを背負うようになり、案内を掲示する効果が見られないので、掲示するのをやめた。

僕が検討した結果は1かな。
大阪(関西)人はマナーがなっていないと、大阪にいるときにも幾度となく耳にしてきたが、東京にもマナーの悪い人はたくさんいるよ。正直びっくりするほどのこともこの1年間で何度も見た。どっちもどっちやね。

【追記】
東京メトロのマナーポスターというので、「大きな荷物を前に抱えて持とう」というのをあるのを見つけた。
http://scope.metrocf.or.jp/manner-poster/kurifodo_08_b.html

都営線では見かけたことがない。

| | コメント (2)

2007年3月17日 (土曜日)

ちょっとひと息

僕はコーヒーが好きだ。

仕事中も、家にいるときもコーヒーをよく飲む。
コーヒーの種類などにすごいこだわりがあるわけではない。確かに、家にはコーヒーメーカーも、豆もひく道具もあるが、ここ何年も使っていない。もっぱらインスタントコーヒー。砂糖は入れず、ミルクだけ入れて飲むのが通常だ。

ただときどきちょっと贅沢を、と思ってドトールなどに行ったときに「カフェモカ」を頼むときがある。エスプレッソの濃さと、チョコレートシロップの甘さが疲れているときに、ちょっと癒しを与えてくれて少し幸せな気分になる。

Img_menu_2_03 カフェモカはいろんなコーヒーショップで販売しているが、いちばん好きなのは「タリーズコーヒー」のやつ。甘さ加減がちょうどいい。今日も大手町に行ったときにタリーズコーヒーで、カフェモカを飲みながら、一服、いや二服。休日の午後の至福の時間でした。

| | コメント (4)

2007年3月16日 (金曜日)

役割分担

こんなことでドタバタすることが今までにないことなのだが、今担当しているプロジェクトでお客さんと役割分担ですこしもめている。システムの本番環境のセットアップをするのがどちらだとか、バックアップの環境を作るのが誰だとかということ。

うちの会社の上に立っているシステム会社とお客さんとの間で役割分担の確認がしっかりできていないからなのだが、そんなこと、プロジェクトが入る前にしっかり双方で決めておいてもらいたいこと。

というよりは、契約の段階、あるいは見積段階で、普通どの作業にどれくらい工数がかかるとか出しているはず。設計○人日、開発△人日、試験×人日とか、特記事項に環境設定は貴社にてお願いします。。。とかね。どんな見積もりしたんだろうか。

お客さんとうちが直接営業面でもやりとりできるのあれば、うちが主導権をとってこのあたりもリードしていけるのだが、間に入っていると本当にやりにくい。うまくシステム会社を裏でコントロールして、早くこの問題を解決しないと設計、開発の円滑な進捗に少々支障が出そうである。

| | コメント (0)

2007年3月15日 (木曜日)

温暖化対策

2月は暖かかったのに、3月に入ったら寒くなった。

昨日の「すぽると」でもやっていたが、こういった異常気象はスポーツを開催するのにも影響が大きい。すぽるとでは雪不足のため、中止、延期になったスキーの大会が紹介されていた。日本の大会だけでなく、世界レベルの大会でも中止になっているようだ。温暖化の影響がもろに出ているのが、スキーなどウィンタースポーツだが、海面が上昇することでビーチでするスポーツにも影響があるらしい。

Minus6_teampassスポーツ界での温暖化に取り組みという点では、すぽるとでも紹介されたJリーグや、JOCなども、温暖化対策に取り組んでいる。「チーム・マイナス6%」という環境庁が中心にとりくんでいるプロジェクトに参加している。ということで早速このチーム・マイナス6%に参加してみました。(画像は参加したらもらえるチームパス)

このサイトの中で見れる動画に「ツバル」という国の映像がある。温暖化による海面上昇の影響でいちばん最初に沈んでしまうと言われている、太平洋にうかぶ小さな島国だ。僕もテレビでドキュメンタリーを見たことがある。

温暖化の影響で、スポーツができなくなるどころか、生活すらできなくなる人がいる。
チーム・マイナス6%の一員としてできることからやっていこうと思う。

  • 冷房は28℃に設定しよう
  • 蛇口はこまめにしめよう
  • アイドリングをなくそう
  • エコ製品を選んで買おう
  • 過剰包装を断ろう
  • コンセントをこまめに抜こう

(チーム・マイナス6%チーム・パス チーム員のACTより)

| | コメント (0)

2007年3月14日 (水曜日)

YouTubeの売上高は、Googleの買収額の100分の1

http://markezine.jp/a/article/aid/887.aspx

Googleの昨年9月のYouTube買収額が16億5,000万ドル。
片やYouTubeの2006年の広告収入は1,500万ドル。

単純にPVからすると、もっともっと広告収入があってもいいはずだが、やはり著作権問題がクリアされていないことから、大手メディアとの提携もうまくいっていないみたい。

でもYouTubeって本当に便利なサービスではある。
昨日のサッカーのゲームのハイライトシーンが今日にはもうYouTubeで探し出すことができる。だけどこのYouTubeにアップロードされたサッカーの映像には法律的に解消されていない問題がたくさんあるのだ。スポーツの映像なんか権利の塊みたいものだからな。

それでもこのYouTubeのサービス、もっとうまくサッカーやその他のスポーツの普及とかにうまく使えないものかな。ロナウジーニョのリフティングの映像を、子供たちがいつでも見れて、真似したりしたら、サッカーうまくなる子が増えるよ。

時代はどう変わっていくんでしょうか。

ということでロナウジーニョの動画を

| | コメント (0)

2007年3月13日 (火曜日)

西武の不祥事

西武ライオンズが、アマチュア選手に金銭を渡していた件、実に腹立たしい。

今回の不祥事を受けて、ドラフト会議の希望枠の撤廃が注目を浴びている。この希望枠が、野球界の裏金の全ての温床のような報道には少々あきれているが、希望枠が金銭授受に拍車をかけていることは間違いないだろう。

希望枠など完全撤廃すべきだと思う。そもそもプロスポーツのリーグは、戦力の均衡がリーグの盛り上がりを産むと考えているので、金持ち球団ばかりが優秀な選手を獲得できるこの制度はプロ野球そのものをつまらなくさせると思っている。高校生とそれ以外など分けずに、完全にウェーバー制をとるでよいと思う。

球界が希望枠を設置した一つの理由に、メジャーリーグへの選手流出を防止することが挙げられる。が、これも時代の流れに逆行した話だろう。スポーツ選手としてより高いレベルを求めるのは無理のない話で、メジャーリーグが日本のプロ野球よりレベルが高い以上、選手の流出を歯止めをかけるのは、事実上不可能といっていい。

WBCが昨年から始まり、野球も国際化に向かうなかで、日本のプロ野球の繁栄を考えた場合、国内だけの都合で考える時代はとっくに終わっている。外を向いた対応を野球界にも求めたいものだが、何かしないといけないというきっかけがいつも不祥事など後ろ向きなことが起こったとき、というのが野球界の対応が後手に回っていることを証明している。

起こってしまったことは仕方がないが、今回は徹底的に対応してもらいたいと思う。

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土曜日)

京都~東京 東海道五十三次 ドリブル横断

こんな人を見つけました。
京都から東京まで、バスケのドリブルをしながら歩いていくようです。
http://ameblo.jp/yes-morris/

(本人ブログから引用)
目的:日本バスケットボールの発展に少しでも貢献させて頂くために、メディアの方々などの協力も得ながら、多くの人々にバスケットボールを知ってもらい、さらにはみんなに勇気と元気を与えたい!
(引用終了)

現在大学4年生。地元は僕と同じく岡山らしく、昨年京都から岡山までドリブルで歩いた実績があるらしい。このパワーはすごい。ブログを読んでいるといろいろな人とのふれあいがあるようで、楽しそうでもある。

今日は沼津か、三島あたりにいるようですね。

| | コメント (0)

2007年3月 8日 (木曜日)

企画力

企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得
田坂 広志
ダイヤモンド社 (2004/03/11)
売り上げランキング: 58254
おすすめ度の平均: 4.5
5 企み、実行されなければならない!
5 田坂ファンのきっかけになった書でした。
5 熱い思い

会社の本棚に置いてあったのを拝借して昨日から読んでいてまだ途中。

企画力とは、「人間や組織を動かす力」

企画力とは、「企画を立案する力」ではなく、「企画を実現する力」

当たり前のことなんだけれど、心に触れました。
いろんなことを思いついて口にしてみたり、あるいはドキュメントを作ってみたりするけれど、ビジネスの世界においては、考えたことを実行され、当初の成果を出さなければ、どんなすばらしい企画書も「紙屑」なわけで。

またビジネスは一人ではできない。
たとえ自ら考えた企画でなくても、会社の施策として指示を出されたら、社内のリソースをうまく利用したり、社外の関係者と協力したりして、その企画を実現しないと、成果も利益もあがらない。

もっと動けるんじゃないかと自分への戒めです。

P.S.
今日年齢を聞かれて「35」って言ったら、自分ですごく重く感じた。

| | コメント (0)

2007年3月 7日 (水曜日)

ワイワイマップ

Yahoo!、地図を使ったコミュニティ型サービス「ワイワイマップ」というものをはじめた。

ワイワイマップは、Yahoo!地図情報上でオリジナルの地図を作成し、その地図上にユーザー同士が地図情報を書き込んで共有できる、コミュニティ型のサービス。自分専用の地図を作ったり、その地図に他のユーザーから入力を受け付けたりできる。

全国フットサル場マップ
うちのフットサル場も載っています。

誰も自分勝手な地図が作れるというのがいいですね。

IT・ネット企業マップとからーめん大好きラーメンマップ降雪と雪質に恵まれる標高が高いスキー場マップなどいろいろな地図がすでにつくられています。

| | コメント (0)

ブロゴウボ

NTTが実験をしているクチコミに関する実験に参加してみた。
http://www.blogoubo.com/

【関連記事】
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/17378.html

トラックバックセンターなんだけれど、キャンペーン実施側がデータ収集や分析が楽になるらしい。主催者側の管理画面を見てみたいものだ。

うちの社内でも話題になるが、トラックバックという機能はブログを書いている人のどのくらいの人が使いこなすことができるんだろか。ブログを持っていない人は、どのくらいの人がトラックバックという機能を知っているのだろうか。

当社の見解ではブログをもっている人でも半分も使いこなすことができないのでは、という結論に達した。これに関して具体的な数字を知りたいものだ。どこかの調査会社でやってくれないかなぁ。

-------------------------------------------------------------

アンケート回答結果:

Q1.花粉症歴何年ですか?
6~10年
Q2.鼻すっきりパッチを知っていましたか?
知らない
Q3.あなたがすっきりさせたい事はなんですか?
仕事
Q4.花粉症になったとしたら、逃げ出したい国(場所)はどこですか?理由も簡潔にお願いします。
南極 花粉なさそう
Q5.花粉にむけて一言!どうぞ!
目がかゆい

ブロゴウボ

| | コメント (0)

2007年3月 6日 (火曜日)

Hot Pepper 「グルメの拳」

Hot Pepperがやってる北斗の拳を使ったバイラル広告。

つまらんのだが、ブログパーツとして使えるところがよい。

ケンシロウというか、北斗の拳のイメージが・・・。

blogPartNumber=1;

| | コメント (0)

2007年3月 4日 (日曜日)

免許更新

今日は朝から自動車の免許の更新に行ってきた。

東京都の免許証は今年の1/4からICチップ入りになった。ちなみにICチップの入った免許証を発行しているのは、東京都・埼玉県・茨城県・兵庫県・島根県の5都県だけで、08年度末までには全国で導入されることになるらしい。

視力検査や写真を撮る前に、2つの暗証番号の登録をした。完成した免許証を見ると従来まで表示されていた本籍の欄が空白になっている。本籍はICチップのなかに保存されており、本籍を確認する場合には専用の端末に免許証を通す必要があり、先ほどの暗証番号もこの端末を利用するのに必要となる。なぜ本籍を表示しなくなったかは、個人情報保護法の影響のようだ。

免許証を身分証代わりに利用することが多いが、本籍が表示されなくなったことで困ること、困る業者とかないのだろうか。また個人情報の保護という観点からすると、現住所を表示することは問題にならないのだろうか。ただ現住所までICチップの中にのみおさめるとなると、身分証としては使えないね。その辺は利便性を考えたんやろなぁ。

| | コメント (0)

2007年3月 3日 (土曜日)

35歳

今日は誕生日で、35歳になった。

35歳って、けっこう重たい。30代ももう真ん中。
アンケートなどで個人属性で年齢を聞かれるときには、ついに「35歳~」という枠に入ってしまった。35歳を過ぎるとさらに体力が落ちるっていう話も聞く。

誕生日を迎えるときに、「うれしい」って思わなくなったのっていつくらいからだろう。

| | コメント (0)

2007年3月 2日 (金曜日)

転職1年

昨日、3/1で今の会社に変わってからちょうど1年が経った。

東京に来たのといっしょで、あっという間の1年。新しい挑戦ばかりだった。

  • システム開発の対象がWEBアプリケーション
  • ベンチャー企業への就職
  • システム開発だけでなく、プロモーションや営業なども仕事の範囲に

がむしゃらに過ぎていった1年だった。満足はしていないけれど、新しいことへの挑戦がたくさんあったということは、きっと充実していた1年だったのだろう。

これからの1年も新しいことにチャレンジしていきたい。
この1年は環境が変わったことにより当然起こりうる挑戦だったけど、次の1年は自ら新しい舞台を創りあげていこうと思う。

| | コメント (0)

2007年3月 1日 (木曜日)

スコア予想ゲーム2回目やってます

会社のサイトでUEFAチャンピオンズリーグ スコア予想ゲームの2回目を実施中です。

Banner_cl_s_1
http://www.e-3.ne.jp/vote/cl/1b

今回の対象試合は「リバプールvsバルセロナ」。
1stレグでホームで敗戦を喫したバルサが巻き返しを図ることができるか、とても注目されているゲームです。リバプールもホームじゃ強いので、なかなか難しいですが、バルサに勝ってほしいなぁ。

スコア予想ゲームの締め切りは3/6(火) 28:35となっていますので、みなさまぜひご参加ください。今回はセガのゲームソフトとSPAZIOのジャージが賞品となっています。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ