« ドラえもんの最終回? | トップページ | UCL企画 »

2007年2月 8日 (木曜日)

フェルマーの最終定理

フェルマーの最終定理
サイモン シン Simon Singh 青木 薫
新潮社
売り上げランキング: 5800

珍しく数学の本、(といっても歴史小説?)を読んでみた。もしこの本を学生時代、中学生か高校生のころに読んでいれば、もっともっと数学に興味を持てていただろう。数学にこんなロマンがあるとは思わなかった。数ある学問のなかでもっとも真理を求める学問。

アマチュア数学家、ピエール・ド・フェルマーが17世紀に唱えた予想に、300年もの間、各時代の名だたる数学家が挑戦しては敗れていった。数学とはどういう学問かを知れば、彼らがなぜこの難問にトライしてみようと思ったのか、その気持ちがとてもよく分かる。

小難しそうな題名の本だけど、サイモン・シンがとてもよく分かるように書いてあり、誰でも読めると思う。中学生、高校生くらいの若者に特に読んでもらいたいと思う。

|

« ドラえもんの最終回? | トップページ | UCL企画 »

コメント

あのぉ・・数学は大の苦手なのですが・・
300年も証明されてないって聞くと、
フェルマーさんが間違ってるんじゃないの、と
突っ込みたくなるのですが・・
そんなことは無いのですよね?(^_^;)

こんな疑問が湧くほど、数学は苦手です・・フフ。

投稿: ぴあの | 2007年2月 9日 (金曜日) 23:27

ぴあのさん

ちなみにこのフェルマーの最終定理は、証明されています。

もうひとつちなみに僕も数学が嫌いで、苦手です。

投稿: motti | 2007年2月10日 (土曜日) 23:42

この記事へのコメントは終了しました。

« ドラえもんの最終回? | トップページ | UCL企画 »