« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水曜日)

Jの開幕時期

昨日の朝日の朝刊に朝日新聞が実施したJ1、J2のクラブへのアンケートの結果が掲載されていた。

アンケートの内容は「Jの秋開幕案に賛成か、反対か」というもの。
結果は

  • 賛成 5クラブ
  • 反対 6クラブ
  • 判断できない、どちらでもない 9クラブ

と出たそうだ。(31クラブ中20クラブが回答)

賛成の意見は

  • 現状だと選手移籍に不都合(選手を出す、受け入れる両面)
  • 欧州クラブとのプレシーズンマッチの可能性が高まる
  • 野球のオフシーズンに興行できるのは大きい
  • GW期間中に終盤を迎え、盛り上がりが期待できる
  • 猛暑の時期を避けることができ、選手の疲労が少ない

などが挙げられている。一方で反対意見としては

  • 冬場の集客への影響(寒いから)
  • 夏休みに試合がないのは厳しい

降雪地域では冬開催の影響は果てしなく大きい。

  • 除雪への労力と費用がかかる。(開幕から3節はあえてアウェーを希望しているクラブもある)
  • 1,2月は外でボールを蹴れないから、試合の質も下がる

またこんな意見もある。

  • 学校の年度の兼ね合いで新卒選手の登録に空白期間ができる
  • スポンサーの決算期と合わない。

以前、Jリーグ関係者から話を聞いたことがある。稼ぎどきの夏休みに興行できないのは営業面を考えると相当大きいようである。「事業部としては夏に試合があるほうがよいが、強化部としては冬の方が選手への負担が減る」と、一つのクラブの中でも見解が異なることもあるようで、これが現実的な意見なのかもしれない。

また北日本など雪国などは冬場開催での負担は大きいだろう。ドイツなどはリーグでスタジアムのピッチの施設にヒーターを入れるなどが定められているらしいが、そこまで充実した設備を整備するのは難しいだろうし、雪国のクラブの所属する自治体が財政的に潤っているかといえば、それは酷な話なので自治体などの協力を得ることも難しいだろう。

諸事情を考えず、世界基準に合わせるということだけで、秋開幕に変更するというのは日本の事情からすると現実的に不可能だろう。世界基準なスケジュールにしたほうがよいとは個人的には思いもするが、しばらくは春開幕でいかざるいけないというのが、今回のアンケートで改めて浮き彫りになったのではないだろうか。

| | コメント (0)

2007年2月24日 (土曜日)

天職

先日のエントリーで書いた、今、関わっている案件の、うちの受注先となる取締役の話。

この人はその会社の取締役で、技術部門の責任者でもある。
でも、結構現場にもどんどん入ってくるタイプの人である。お客さんが現在使っているシステムのデータベースの定義書のすみずみまで確認している。とにかくシステム開発が大好きな人である。まだ2回しか会っていないが、前職のシステム本部長と同じ匂いがした。その元上司もシステム開発が大好きで、事業部のトップであるにも関わらず、現場にどんどん降りてきた。管理職としての業務に携わっているときと、現場にいるときとでは全然顔つきが違うのである。

こういう人って仕事をするうえでは本当に強い。
今回の2つのケースでいえば、システム開発という仕事が「天職」な人である。大好きなことをしているわけだから、あきらめない、粘り強い。(決してダラダラという意味ではない。)先の元上司についても、システム開発については絶対にかなわないと思った。

天職というのは、「サッカーが好きだから、サッカーの仕事についている」ということとは少し違うと思う。つまりサッカーが好きで、サッカーに関するWEBアプリの仕事をしている場合でいうと、実際の仕事はシステム開発であったり、WEB制作であったりする。フットサル場の現場の仕事であれば、子供たちにサッカーを教えることであったりするわけだ。そういった仕事が自分が好きかどうかが基準である。

先ほどのシステム開発大好きな取締役。今後しばらくはこの人とお付き合いすることになるのだが、こういう人たちは粘り強いだけに、振り回されることも多々ありますので、あらかじめこちら側にも覚悟が必要です。

| | コメント (0)

2007年2月22日 (木曜日)

東京、はや1年

昨年の今日が大阪から東京へ引越した日だった。

大阪府箕面市の家から荷物を運び出し、東京へ7時間半かけて、夫婦で車で移動してからもう1年が経った。ちょうど今の時間くらいに東京に着いたんだ。

1年、何とか過ごしたというのが実感。

環境が大きく変化し、生活のリズムも変わっていくなかで毎日いっしょにがんばってくれている奥さんに感謝。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2007年2月21日 (水曜日)

マルチタスク

今週から開発の物件に携わっている。
社内のやんごとなき事情ということなのだが、先週までメインでしていた仕事とガラッと変わって、慣れるのに結構時間がかかってしまった。

自社WEBサイトのプロモーションなどのため、関係先の人と調整したり、雑誌などへの広告を出したり、企画を考えたりといった仕事から、たとえばプログラムを作るという仕事は本当にギャップがある。あまりいい喩えではないが、外向きから内向きの仕事というくらい差がある。

困るのは慣れる、思い出す、調査するということに時間がかかるので、一日のスケジュールを立ててもまったくあてにならない。今週一杯で感覚を取り戻して、ありあまるタスクをこなしていかないといけない。

今日も新しい物件のキックオフミーティング。
どんな案件か具体的な話はできないが、この案件は、受託案件としてもとてもモチベーションのあがる内容なので、とても楽しみにしているのだ。

自社WEBサイトの運用も引き続きしていかないといけないので、しばらくたいへんです。

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日曜日)

足腰

先週の3連休は2回、今週は今日フットサルをした。
来月には35歳になるのだが、いまだに20代の若者たちといっしょにボールをおっかけることができることを本当にありがたいと思う。

思えば小学生の頃からマラソン大会では成績がよかった。中学生の頃には、野球部にも限らず県の駅伝大会の学校代表に選ばれたこともあった。あの頃からよく走りこんでいたことが今になってもきっと役に立っているのだと思う。そういえば中学生の頃、一緒によく走っていた友達のお母さんに、「あんたたち、毎日そんなに走っていることは将来絶対に役に立つから」って言っていたことを思い出す。

フットサルはいつまでもやっていたい。
うちの会社には50歳前だけどバリバリ僕らと一緒にフットサルをする人がいる。大阪でしていたときのチームにも50歳前の人がいた。彼らの年齢になったときにもまだボールを蹴っていたり、走り回っていたりしていたいと思う。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木曜日)

UCL企画

会社の企画の宣伝。

UEFAチャンピオンズ・リーグの予想ゲームをはじめました。
http://www.e-3.ne.jp/cl/06-07

Banner_cl_s

来週のゲームの対象は「セルティックvsミラン」。
(投票ページ) http://www.e-3.ne.jp/cl/06-07

どちらが何対何で勝つかを予想するゲームです。
正解者の中から抽選で賞品が当たります。
投票に参加する人が増えれば増えるほど、賞品のランクが上がるので、皆さんの参加をどしどしお待ちしています。

ちなみに第1回のゲームの賞品は「サカつく5」

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木曜日)

フェルマーの最終定理

フェルマーの最終定理
サイモン シン Simon Singh 青木 薫
新潮社
売り上げランキング: 5800

珍しく数学の本、(といっても歴史小説?)を読んでみた。もしこの本を学生時代、中学生か高校生のころに読んでいれば、もっともっと数学に興味を持てていただろう。数学にこんなロマンがあるとは思わなかった。数ある学問のなかでもっとも真理を求める学問。

アマチュア数学家、ピエール・ド・フェルマーが17世紀に唱えた予想に、300年もの間、各時代の名だたる数学家が挑戦しては敗れていった。数学とはどういう学問かを知れば、彼らがなぜこの難問にトライしてみようと思ったのか、その気持ちがとてもよく分かる。

小難しそうな題名の本だけど、サイモン・シンがとてもよく分かるように書いてあり、誰でも読めると思う。中学生、高校生くらいの若者に特に読んでもらいたいと思う。

| | コメント (2)

2007年2月 2日 (金曜日)

ドラえもんの最終回?

ネット版「ドラえもんの最終回」の漫画版

http://blog30.fc2.com/y/yonehan/file/final_dora.html

ちょっとホロリときやす。
すごいやん、のび太。

参照) ウィキペディア「ドラえもんの最終回」

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »