« 納豆、売切れ | トップページ | あなたも今日からティーチャー »

2007年1月13日 (土曜日)

Vリーグ観戦

今日嫁さんと川崎のとどろきアリーナで開催されていたVリーグの観戦に行ってきた。

NECのホームということで開催された2ゲームはNECの男女の絡むゲーム。といっても僕ら二人の目的は、松下電器の、嫁さんの元同僚を観にいったのだが。Vリーグ観戦は2年ぶりくらいかな。東京では初めて。久々にテレビとは全然違う迫力を味わうことができた。

  • 第1試合(女子)   NECレッドロケッツ 0 - 3 岡山シーガルス
  • 第2試合(男子)   NECブルーロケッツ 1 - 3  パナソニックパンサーズ

VリーグをLIVEでご覧になったことのない方に言っておくと、Vリーグのゲームはとてもうるさい。全日本のゲームもとてもうるさいことは、テレビで見ていてもDJが観客を煽り立てているののが聞こえるのでよくご存知だと思う。

Vリーグはあそこまではいかないが、うるさい。というのも、各チームには応援団がいる。松下やNECなど大企業のチームにはチアガールまできちんといる。彼ら応援団はそこそこのスピーカーまで持ち込んで応援する。味方チームに点が入るたびにそのスピーカーからは応援席にいる観客に手拍子をさせるための音楽が流れる。かなりの音量である。しかも屋内競技なので音の逃げる場所がない。今日もジャンジャン真後ろでスピーカーが叫んでいた。Vリーグ観戦を何度か重ねているので慣れてきてはいるが、結構しんどくもある。

ちなみに僕らのお目当ての選手、松下の主将川村くんは残念ながらオフの肘の手術からのリハビリ中で出場できなかった。ゲーム終了後観客席の前に挨拶に来たときに、嫁さんが必死で手を振っていたら、こちらに気づいてくれたようで挨拶をしてくれた。嫁さんもうれしそうにしていたのでよかった、よかった。早くケガ治してね。

パナソニックパンサーズのホームページ

|

« 納豆、売切れ | トップページ | あなたも今日からティーチャー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。