« 本当の楽しさ | トップページ | 「サッカーボールを贈ろう」プロジェクト »

2006年12月 7日 (木曜日)

銀行で

今朝、出社前に銀行に行った。三井住友銀行へ。
三井住友には今まで口座を持ったことがないので、今までほとんど行ったこともなく、窓口で用を済ますなど、それこそ生まれて1回もない。今日が初めてだった。

少し驚いたのは、案内係の人がすべて男性。しかももう一度引退はされているような方で、腕には「警備」の腕章。1フロアに3人くらいいたと思う。察するに、銀行側も警備のためだけに人を雇うのは、もったいないので警備と案内を業務内容として、引退された方を人件費をおさえて雇用しているのだろう。

正直なところ、年配の男性よりも、女性に案内されるほうが、男性としてはうれしいものだし、またそんな年配の方に案内されるとこちらも少し恐縮してしまう。反対の立場からしても、自分よりかなり年下の人からものを尋ねられても愛想よくできるものだろうかと不安に思ってしまう。(僕が以前勤めていた、某鉄道会社の年配の人たちを思い出してしまう。)

窓口で少々時間がかかったので、彼らの様子、案内ぶりもゆっくり見ることができたのだが、それなりに笑顔を作って一生懸命案内をしているところを見ていると、ほほえましくも思った。たくさんの人生経験を重ねているだけあって、さすがという場面もあった。

案内係は女性という固定観念を持っているから、最初は違和感を感じたのかもしれないけど、三井住友をメインバンクにしている人たちにとっては、彼らは安心感を与える存在なのかもしれないね。どういう仕事は誰がするっていう偏見は持たないほうがいいということですね。

|

« 本当の楽しさ | トップページ | 「サッカーボールを贈ろう」プロジェクト »

コメント

たまに女性でたぶんパートだろうなという案内係がいます。
ちょっと詳しいことを聞くと分からない・・。
その点、銀行をリタイアした男性ならいろいろ詳しくて
安心かもと思いますが・・。

最近はマクドナルドなどにも高齢の従業員がいますよね。
挨拶など教える必要がないから使いやすいとか聞くと、
これからの老齢化社会での風景が見えてくるような気もします。

投稿: ぴあの | 2006年12月 9日 (土曜日) 23:35

ぴあのさん
最近の高齢者はたいへんお元気です。
自分の母を見ていてもそう思います。

まだまだ働きたいと思っている人には、無理しない程度に
働いてもらいたいですし、蓄積した経験をどんどん僕たち
に伝えていってもらいたいです。

投稿: motti | 2006年12月10日 (日曜日) 00:04

この記事へのコメントは終了しました。

« 本当の楽しさ | トップページ | 「サッカーボールを贈ろう」プロジェクト »