« 銀行で | トップページ | イチョウの落ち葉 »

2006年12月 9日 (土曜日)

「サッカーボールを贈ろう」プロジェクト

会社で「サッカーボールを贈ろう」プロジェクトというのを始めた。日本で、新品あるいは不要になったボールを集めて、アフガニスタンの子供たちにサッカーボールを贈ろうというプロジェクトである。

Ball_banner2

20年以上にも及ぶ内戦や他国からの侵攻、爆撃などのため、アフガニスタンの子供たちは今も過酷な環境での生活を強いられている。そんな彼らもサッカーボールがあれば、楽しそうな笑顔でボールを追いかけて遊ぶらしい。

世界中の子供たちを魅了しているサッカーはアフガニスタンの子供たちにも喜びを与えてくれる。そして子供たちが笑顔でいると、彼らの周囲にいる大人たちも、そして彼らが毎日を過ごしている彼らのコミュニティも明るくなる。

そんな彼らに僕たちができることは何かないかと始めたのがこのプロジェクト。12月から来年5月の約半年間、日本でフットサルコートを中心にボールを集める予定。なお、このプロジェクトは、JOICFP(ジョイセフ:家族計画国際協力財団)と協力して展開している。イースリーが集めたボールを、ジョイセフがアフガニスタンに輸送するという形。

また12/23にはフットサルプラス阿佐ヶ谷で、「サンタクロースCUP」というフットサル大会を開催する。おかげさまですでにチームの募集は終わっているが、参加チームはサッカーボールを1つ寄付すると1,000円割引という大会(最大割引は3,000円まで)。この大会で集めたボールもアフガニスタンへ送る。

我々のような小さな会社でどれだけボールを集めることができるかわからないが、アフガニスタンの子供たちの役に立てればうれしく思う。

|

« 銀行で | トップページ | イチョウの落ち葉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。