« 地区ごとのフットサル施設数 | トップページ | 和太鼓ライブ »

2006年11月16日 (木曜日)

シックス・ビリオン

松坂の入札に60億円。

60億円という数字がピンと来なければ、こういう例はどうだろう。05年プロ野球で最も収入の低かった楽天の運営費が65億円。同じく05年度、Jリーグで最も収入の多かった浦和レッズの営業収入が58億円。プロ野球でもっとも選手の年俸総額が高い巨人が35億円(日本人選手のみ)。レッズが1年間で稼いだお金を、レッドソックスはたった一人の日本人選手を獲得するために費やした。ちなみにこの60億円はレッドソックスが西武ライオンズに支払うお金であり、松坂とレッドソックスの契約はまだこれからである。

大リーグのホームページには「日本でどれだけのファンがレッドソックス・松坂のユニフォームを買いに押し寄せるか、想像してみよう。」と掲載されていたらしいが、仮にレッドソックスのレプリカユニフォームが12,000円だった場合、50万枚売れれば60億円に達する。うーん、すごい。これだけのお金を一人の選手に使うことのできる、レッドソックス、というかMLB、あるいはアメリカのスポーツビジネスの壮大なスケールに舌を巻いてしまった。現在レッドソックスのオーナーは投資グループみたいなもので担っているのだが、こいつらはどんなにお金を持っているのだろうかと驚くばかりである。

一方で60億円を手に入れた西武は何にこのお金を使うのだろうか。これだけのお金である、ぜひ有効に使ってもらいたいものだ。できれば長期的なスパンで使い道を考えてもらいたい。目の前の2,3年のことだけでなく10年くらいを念頭において、獲得した大金を利用してもらいたいものだ。しょうもない外国人の補強などにはぜひとも使ってもらいたくない。彼らがどんな使い方をするのか、ウォッチしていきたい気もする。

さて、松坂当人だが、僕はMLBでも十分活躍すると思う。彼は舞台が大きいほど結果を出す選手。ここ数年の彼を見ていると日本でのゲームには心の底からモチベーションがわきあがるものを感じていなかったではないだろうか。若い頃から(今でも若いが)甲子園春夏連覇、五輪、そして今春のWBCと大舞台を経験してきた彼にとって日本の野球はつまらなかったにちがいない。60億円プラス契約金、年俸を支払った、あるいは支払う価値がレッドソックスにはあったと彼自身が証明してくれることを願っている。

|

« 地区ごとのフットサル施設数 | トップページ | 和太鼓ライブ »

コメント

あぁ、気の小さい私などは、
ただただ心の底からまっちゃんの活躍を祈るだけです。
(ちなみに私は西武創生時からのファンです)

60億・・・プラスアルファ・・

・・だめだ・・目眩が・・・(@_@;)

投稿: ぴあの | 2006年11月18日 (土曜日) 22:28

ぴあのさん
年俸はいくらになるんでしょうね。松井が推定約15億、イチローが11億。これらをこえるともいわれていますね

ほんとに目がまわりそうです。

投稿: motti | 2006年11月19日 (日曜日) 00:37

この記事へのコメントは終了しました。

« 地区ごとのフットサル施設数 | トップページ | 和太鼓ライブ »