« 和太鼓、初体験 | トップページ | ココログがとまっていた »

2006年10月16日 (月曜日)

月曜日病

今日も頭痛である。
そんなにひどくなかったが、ここ10年くらいなぜか月曜日(休み明け)に頭痛になることが多い。我が家では「月曜日病」と呼んでいる。(以前は「会社イヤイヤ病」とも呼んでいた。)昼飯を食べたあたりから夜にかけてだんだん痛くなる。目の辺りからこめかみ、ひどいときは頭全体、そして吐き気などがするときもある。

原因は全くわからない。日曜日に朝寝坊すると翌日痛くなるケースが多いのだが、先週の日曜は10:30くらいまで寝ていたのに頭痛にならなかったし、昨日は8:30に起きたのに今日頭痛になった。どうも寝すぎだけが原因じゃないらしい。

さて、頭痛は大きく分けて3種類ある。
(「All About 頭痛の3タイプ、あなたはどれ?」から引用、まとめ)

1.緊張性頭痛
ストレスや疲労が影響し、首の緊張や眼精疲労が加わって起こる頭痛。頭が締めつけられたように感じ、主に後頭部がおも~くなります。

2.片頭痛
片側か両側のこめかみのあたりがズキンズキンと振動するように痛む。なぜか母親から娘に遺伝するといわれ、4対1の割合で女性に多い頭痛。

3.群発頭痛
「片方の目に槍を突き刺さされて、グリグリかき回されたような痛み」などと表現する人が多く、緊張型頭痛や片頭痛の比ではないという。

多分、僕のは1の緊張性頭痛だと思う。片頭痛かもしれないが、片頭痛は緊張がほどけたときに一旦縮んだ血管が拡張して発生し、「週末頭痛」などとも呼ばれているらしい。僕は週末じゃなく、平日だし、片頭痛ではないだろう。

ちなみに嫁さんは3の群発頭痛持ち。ここ数年は発作は出ていないが、2年に1回しかも春に1ヶ月弱くらいこの発作に苦しんでいた。結婚してからは1回発生した。本当にたいへんらしいんだけど、こっちは何もしてあげられない。幸い大阪にいた頃はいい医者を見つけたので、春先に薬をもらって事前に飲んだりしていたので、ここ数年は発生していない。東京に来る前にその先生に東京の頭痛の権威も聞いておいた。東京では、というよりは日本では頭痛については東京女子医大が権威なんだそうだ。

話は戻って僕の話。
緊張性頭痛の対処法は、ストレスや疲労の原因を取り除いたり、生活習慣を改善するしかないとのこと。休日のあとだから疲労は取れていると思うし、ストレスなら月曜だけじゃないだろう。生活習慣の改善っていったって、朝寝坊しなくても今日は頭痛になったじゃないか。じゃ、どうすりゃいいんだ。

-------------------------------------------------
  フットサルポータルサイト
  「イースリーフットサル」
 マッチメイク検索で、練習相手を探そう。

|

« 和太鼓、初体験 | トップページ | ココログがとまっていた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。