« 思いつきを大切に | トップページ | 今晩、サービス開始予定 »

2006年9月13日 (水曜日)

ハンカチ王子

相当なフィーバーぶりである。高校野球がこんなに注目を浴びたのはいつ以来だろう。夏の甲子園直後の日米野球がライブで放送されたことなんてなかったのではないだろうか。やはり斉藤くんの顔だ。スポーツ選手でチヤホヤされた例。今年だとツネ様こと、サッカーの宮本。4年前のベッカムフィーバーもすごかった。しかしながら果たして当時ベッカムに恋した人たちのどれくらいがサッカーというスポーツを今も観てくれているのだろう。

関連してバレーボール。毎年日本で何か世界大会が開催されるこの競技。そして毎回客寄せのためにアイドルが。アイドル目当てに来た女の子たちがバレーを見ているのかと不思議に思う。とか思っていたら今度は女子選手をアイドル化、タレント化しだした。バラエティ番組への出演の増加、恥ずかしくなるような選手ごとのキャッチフレーズ、そしてユニフォームの背中にはファーストネーム。世界の強豪に1セットもとれず負け続ける姿を見ると、力を入れるところを明らかに誤っているように思う。

斉藤くんは大学進学を選んだ。どの道を選んでも成功も失敗もある。この異常な騒ぎのなか一番冷静で、地に足がついてたのは斉藤くんだったのかもしれない。スポーツを愛する者として僕も冷静に野球選手としての彼を追っていきたいと思う。

|

« 思いつきを大切に | トップページ | 今晩、サービス開始予定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。