« 受託開発でのたち位置 | トップページ | やりかけの仕事がたまっている »

2006年8月22日 (火曜日)

勝ち続けることで得るもの

第88回全国高校野球選手権大会 決勝
早稲田実業  1-1 駒大苫小牧
(再試合)
早稲田実業  4-3 駒大苫小牧

再試合もナイスゲームだった。最後まで戦い抜いた両校選手に拍手。

夏3連覇という偉業を見たかったから、苫小牧を大会前から応援していた。6点差をひっくり返した青森山田戦を見ていて、こいつらは3年間の経験に裏付けされた自分達自身への強い信頼を持っていると感じた。ベンチでのナインの表情を見ていると、どうやって点を重ね、追い付き逆転していこうかとその過程を楽しんでいるように見えた。2大会夏の甲子園で勝ち続けたことは選手に力を与え続けていたように思う。

強いチームはその経験の中で、負けないためのポイントを知っている。ここで踏ん張らないと勝ちはやってこないという場所を知っている。弱いチームは踏ん張らないといけないところで踏ん張りきれない。ターニングポイントを知ることすらない場合もある。苫小牧は勝ち続けることで勝敗の分かれ道となる場所で常によりベターな道を選択する術を身につけていったに違いない。

そんな彼らでも3連覇はならなかった。スポーツは運でその結果が左右されるもの。24イニング戦って点差はわずか1点だ。スポーツはシビアだから勝者と敗者を絶対に決めるけれども、スコア上の結果はどうあれ、両校の技術、精神力に差はなかったと思う。何かが足りなかったとすれば、それは運くらいしかないんじゃないだろうか。限りなく優勝に近い準優勝だ。

3年間勝ち続けた経験は今後の人生の大きな糧となるだろう。彼らには負け犬根性などは芽生えないはずだ。なぜなら勝負どころを感じるアンテナを持っているから。スポーツファンとしては野球の世界で彼らと再会したいものだが、どんな世界でも頑張ってほしいと思う

|

« 受託開発でのたち位置 | トップページ | やりかけの仕事がたまっている »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。