« 梅雨明けはいつ? | トップページ | 母、退院 »

2006年7月30日 (日曜日)

なでしこ、W杯出場持ち越し

サッカー女子のアジアカップ兼W杯アジア最終予選の3位決定戦をTVで観ていた。北朝鮮に2-3で敗戦し、W杯出場は他地域とのプレイオフに持ち越しとなった。アテネ五輪のアジア予選や本戦も観たが、女子もこんなにできるんだと驚いたものだったが、今日のゲームも3点リードされながらも、最後まであきらめずアジアNo.1と言われる北朝鮮相手に1点差まで追い上げたところはすばらしいと思う。プレイオフの日程は未定のようだが、ホームアンドアウェイで開催されるらしい。ぜひ5回連続のW杯出場を果たしてもらいたい。

先週の中国戦もTVで観た影響で、ちょっと日本女子サッカーについてインターネットで調べてみた。

日本女子リーグ。通称「なでしこリーグ」。数年前までLリーグと呼ばれていたが、アテネ五輪で「なでしこジャパン」という言葉がちょっとブームになった影響で名称変更をしたらしい。1部と2部があって、ともに8チームで構成されている。1部は現在日テレベレーザが首位。代表の10番、澤選手が所属。代表の主将磯崎選手が所属するのは、TASAKIペルーレで現在3位。Jリーグの浦和レッズの妹分も所属する。こちらは現在3位。オールスターが8/27に国立で開催され、現在ファン投票が実施中である。気になる選手がいればぜひ投票を。

JFAのホームページにも女子サッカーのページがある。
僕が注目したのは「サッカーやろうよ!女子チーム検索サイト」というページ。全国の女子サッカーチームを検索できる。この検索システムは結構便利で、都道府県別、あるいは年齢別、そしてチームの特徴別(初心者大歓迎!、クラブチーム、学校サッカー部・・・)などの条件で検索することができる。子供から大人まで世代を問わず、レベルを問わず検索できるシステムのようで、各チームのプロフィールなどは各チーム自身が登録、更新できるようになっているようだ。

これってとても便利なものだと思う。また協会がやっているというところがいい。サッカーの普及に女性に着目する点はすばらしいと思う。女性にもサッカーを理解してもらうには、サッカーをしてもらうことがいちばんだ。あとはこのページをアピール度。こういうシステムがあることをもっと多くの人に知ってもらうべきだ。サッカーをしたい女性にどんどん使ってもらう、あるいはチーム側にどんどん使ってもらうためにも、まずシステムを知ってもらう必要がある。協会がやっているのだから、もっとお金を使って広報活動に尽力してもらいたいものだ。

|

« 梅雨明けはいつ? | トップページ | 母、退院 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。