« 日本沈没 | トップページ | ジダンの処分 »

2006年7月17日 (月曜日)

フットサル三昧

この3連休中、2回フットサルをした。昨日と今日、5月から参加し始めた地元のチームの練習と練習試合に出席した。これで、このチームでは今月3回目の活動だった。その他にも先輩のチームや前の会社の同僚のチーム、そして最寄のフットサルコートが主催しているスクールなどにも出ているので、東京に来て5ヶ月が経っていない現在でもう15回もフットサルをしている。特に、5月からは毎週1回はフットサルをしている計算になる。東京に来たとき、こんなにすぐにフットサルができるとは思ってなかった。それどころか大阪にいたときよりも多いペースでフットサルができている今、とても幸せだw。毎週どこかでフットサルをやって知り合いも増えていくし、体のキレもいいし。

さて、関西と比べてみて、関東の方がサッカーが盛んだと感じている。
自分なりに分析してみると、関西にはまずなんといっても阪神タイガースがある。野球人気の低迷が叫ばれても、甲子園だけは別空間といった感じ。また野球だけでなく、ラグビーが人気だ。サッカーは、Jリーグを制したのが昨年のガンバが初めてというように、今ひとつ盛り上がりに欠ける。関東に比べ、圧倒的に人口が少ない割りに他のスポーツも人気があったりで、サッカーの人気が今ひとつだと分析する。

また関東でサッカーが盛んだと思う理由のもう一つに、女性のフットサルプレイヤーが非常に多さ。僕の参加しているチームにも女性は6名くらい(?)いる。しかもチャラチャラしているわけでもなく、それなりに一生懸命やっているし、うまくなろうと努力もしているようだ。関西にいるときは、フットサルコートのコート上で女性プレイヤーを見ることはほとんどなかった。こういった底辺の部分でも確実に関東の方がサッカーが定着していて、サッカー人気を下支えしていると思う。いい傾向だと思う。この傾向が地方に広がればいいのだが。

ま、サッカーが盛んな環境に移ってきて、僕自身のフットサルチャンスが増えてきたことは喜ばしいかぎり。来週は会社のメンバーと、我が社のコート、フットサルプラス阿佐ヶ谷を使ってのフットサル。雨降らないことをいのります。

|

« 日本沈没 | トップページ | ジダンの処分 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。