« ジダンの処分 | トップページ | フットサル三昧 #2 »

2006年7月23日 (日曜日)

欽ちゃん球団、晴れて復活!?

チーム所属の芸人の不祥事で、自らの野球チーム「茨城ゴールデンボールズ」を解散すると発言していた欽ちゃんが、昨日解散しないことを宣言。地元の人や、ファンの熱い声援に考えを変えざるえなかったようだ。

僕は解散宣言のときに、実は欽ちゃんに違和感を感じていた。
ご自分で相当悩んで、考えて出した結論だったのだろうが、不祥事発覚後あまりにも早い解散宣言であり、生活のすべてをかけてでもクラブチームで野球している選手や、欽ちゃんや選手を支えてくれる地元の人や自治体に対しての誠意というものを感じることができなかったからだ。選手へのインタビューなどを聞けば、選手への説明もなかったようだ。これらを見ると、芸能人が道楽で気軽に始めたものだったのだな、と思わざるをえなかった。

今回解散はしないということで本当によかったと思う。
野球が大好き選手に機会を与え、地元の活性化にも多く貢献し、何よりクラブチームという新しいチームの形態を実現させてきただけに、ここで終わってしまうのはあまりにも惜しい存在だった。もうお年の欽ちゃんが、今のように体を張ってゲームを盛り上げることができなくなったらどうなるんだという問題は残るが、今から徐々に考えていけばいいことだろう。欽ちゃん、もう辞めるなんて言わないで。続けていくことのほうがたいへんだろうけど、あなたが運転し始めた夢列車は、大きな波を全国に起こしていると思います。大好きな野球をずっと続けてください。

|

« ジダンの処分 | トップページ | フットサル三昧 #2 »

コメント

想像でしかありませんが・・
mottiさんは欽ちゃんの全盛期を知りませんよね?
欽ちゃんの笑いで育ったような私には、
欽ちゃんの「もう野球はできない・・」という気持ちは
すごく分かるのです。
納得できないことを続けられないと思ったんじゃないかな。
そして、周りのことを細かく考えていなさそうなのも
実に欽ちゃんらしい感じ。
もちろん、それはあまりに代償が大きく、
欽ちゃんは軽々とあんな風に言っちゃいけなかったんです。
でも言っちゃった・・それも欽ちゃんらしいのですよ。
だからこそ、誰も「みんなのことを考えてない!」とか
批判する人もなかったんじゃないかな。
「Yがどこかできっちり仕事につくまでが俺の責任」
あれが欽ちゃんの今回の思いのすべてのようにも思います。

でも・・私も復活してよかったんだと思っています。
野球好きとしてはそれで、本当によかったです。

投稿: ぴあの | 2006年7月26日 (水曜日) 20:53

ぴあのさん

僕の今回のエントリーは、欽ちゃんのチームで野球をして
いる人の立場から書きました。彼らは野球が大好きだけど
する場所がないから、わらにもすがる思いで欽ちゃんを
頼っている。そんな彼らの思いを考えると最初の解散発言
は残念で仕方がありませんでした。

ところで欽ちゃんの全盛期の末期くらいしか知らない僕で
すが、欽ちゃんは好きですよ。今回の一件は欽ちゃんの
立場で見ると欽ちゃんの気持ちはよく分かります。

投稿: motti | 2006年7月27日 (木曜日) 16:17

この記事へのコメントは終了しました。

« ジダンの処分 | トップページ | フットサル三昧 #2 »