« 初めての舞台 | トップページ | ブラ汁キャンペーン »

2006年6月19日 (月曜日)

vs クロアチア

2006wc2_6 次に望みがつながったととらえるか、勝たなければいけなかったととらえるか。
確かに次に望みがつながったのは事実だけど、勝たなければいけないゲームだったし、勝てたゲームだった。それは対戦したクロアチアにも言えたことで、紙一重の一戦だったと思う。

PKを川口がとめてくれただけに、1点をとってほしかった。

打つべきときに打つ、決めるときに決めなければ、勝利を手繰りよせることはできないことを痛感させられた。ジーコが口すっぱく言ってきたことだ。誰が代表に選ばれた、誰をゲームに出場させるかに関係なく、出場した選手自身だけが実践できることだ。

特にFWの選手であれば、時には周りを押しのけてでも、俺が決めるんだという気概を見せてほしかった。世界最高の舞台は、そんなに自分の特性を押しつぶしてしまうほどの場所なんだろうか。この場所でゴールを決めてやる、という前向きな気持ちになれないものだろうか。

グループF、全チーム2ゲームを終えて、日本は最下位。
次のゲーム、日本はブラジルに勝たなければ、少なくとも2点差以上で勝たなければグループリーグ突破はない。冷静に考えると、不可能に近い。ただ結果はともかくベストを尽くしてほしいし、特に攻撃陣にはゴールに向かう姿勢、俺が決めるんだという姿勢を見せてほしい。

|

« 初めての舞台 | トップページ | ブラ汁キャンペーン »

コメント

motti さん

すいません。TBお返しが遅くなりまして。

ブラ汁に御理解と御協力ありがとうございます!

ブラックも美味しいので、これを機にはまっちゃって下さい!(笑)

投稿: 「感動創造」 | 2006年6月19日 (月曜日) 22:34

感動創造さん、ありがとうございます。
ブラ汁飲んで、ブラジルをやぶりましょう!
眠たい時間帯だけに、ブラックコーヒー、効果大ですね。

投稿: motti | 2006年6月20日 (火曜日) 00:05

この記事へのコメントは終了しました。

« 初めての舞台 | トップページ | ブラ汁キャンペーン »