« ブラ汁キャンペーン | トップページ | ジダンをもう一度 »

2006年6月23日 (金曜日)

vs ブラジル

2006wc2_8 日本 1-4 ブラジル

これが世界ランキングナンバー1と日本の実力の差か。納得できないが、事実は受け止めなければいけない。3戦を通して課題は山のように出てきた。たくさんあるなかで3点挙げたい。

1.個々の力
プレッシャーの中でのパスやぴたっとボールを止めるトラップとか技術的なところはもちろん、一瞬のプレイの判断、ゲーム全体の中での戦況の見極める判断力、体力、そして得点力など個々の力が圧倒的に劣っている。これは、個々の選手が所属クラブのなかで磨いていくこと、さらに言うと幼年期から身につけていくべきことだと思う。育成方針を含めて日本サッカー界全体で今一度見直すべきところだろう。

2.意志
初戦、2戦目で特に寂しく思ったのは、勝とう、勝つんだという意志を感じられなかったこと。他国の選手も、世界最高の舞台で最高のプレイをするべくベストを尽くしていく状況で気持ちの面で負けていては、自分のプレイなどできるわけがない。シュートを打たない攻撃陣、ズルズルとラインを下げる守備陣。残念だった。

3.経験
上であげた2つも経験の少なさにすべて集約できるのかもしれない。アジア最強と言われ続けた韓国がW杯で初勝利をあげたのは前回大会。それまでは何度も何度も世界の壁にぶつかってきた。それに比べると日本はまだ3回目の出場。悔しい思いをして、それを成長の糧として次につなげていくことでしか強くなる手段はないのかもしれない。

この4年間、ジーコがしてきたこと、細かい点は別として大枠の方向性は間違っていなかったと思う。いろいろな批判はあると思うが、僕はジーコを否定はしない。選手に自立を求め、選手は成長してきたと思う。結果が出なかったのは残念だが、ジーコには「ありがとう」と言いたい。

|

« ブラ汁キャンペーン | トップページ | ジダンをもう一度 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。