« vs オーストラリア | トップページ | ブランディング22の法則 »

2006年6月13日 (火曜日)

vs オーストラリア #2

2006wc2_3 課題は随所にあげられるけど、いちばんまずかったのはゲーム運び。

ジーコの采配。
残り11分でジーコはシンジを投入した。FWの柳沢を下げて、シンジをボランチに、ボランチのヒデを前にあげたわけだが、この選手交代はどういうメッセージだったのだろう。もう1点取れなのか、1点を守りきれのどっちだったのだろう。選手交代の意図を選手は感じとることができたのだろうか。

ボランチもでき、攻撃的な能力にも優れたシンジの投入は、ジーコにとっては都合のいい選択だったのかもしれない。あわよくばもう1点という狙いだったのだろうが、それがかえって中途半端な選択になったと思う。これは1点を守りきるべきだったという意味ではなく、攻めるのか、守るのか徹底できなかったこと、選手の意思を統一することができなかったことが問題だったと思う。

同点にされてからのゲームプランもしかり。

この敗戦を冷静に受け止めると、日本の決勝トーナメント進出の可能性はかぎりなくちいさくなってしまったと考える。オーストラリアより強いと思われるクロアチア、そしてブラジル、この2国を相手に少なくとも勝ち点4以上をとることは至難の技。しかも1ゲーム終了時で得失点差が-2というのも痛い。奇跡を信じるしかない。

-------------------------

日本と世界の差。
1-1の場面で、日本は豪ゴールエリア前から福西が放ったミドルシュートが大きく枠を外した。一方オーストラリアは、ケーヒルが同じような位置からゴールを決めた。結局これが決勝点。日本の得点力不足は今に始まった話ではないけれど、今あげた例が、日本と世界の差。

|

« vs オーストラリア | トップページ | ブランディング22の法則 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。