« マルタ戦 | トップページ | W杯開幕を控えて »

2006年6月 6日 (火曜日)

RSSリーダー #2

前々回に続くRSSリーダーの紹介のその2。今回はRSSリーダーの設定方法を具体的に説明したい。

まずよく使われているRSSリーダーの一例として以下を紹介する。

が、今回は僕がいつも利用している「feedpath」を利用して説明しようと思う。

1.会員登録
RSSリーダーにアクセスしたとき、RSSリーダーが今から誰のものとしてRSSリーダーのサービスを開始するかの判断が必要なため、まず会員登録をする必要がある。もちろん無料。入力する情報は氏名、ニックネーム、メールアドレス、パスワードくらいが一般的だ。

2.新しくRSS情報を登録する
会員登録が済むと、自分のページが作成されているので、早速新しくRSS情報を登録しよう。feedpathの場合は「feedを追加」をクリックする。

Feedpathadd_1 左図の「追加」ボタンの横のところにRSS情報を入力する。feedpathなどでは、RSS情報ではなくサイトのURLを入力するだけで自動的にそのサイトのRSS情報を認識してくれる。もしそういった機能がないRSSリーダーの場合は、登録したいサイトのRSSのアイコン、ココログの場合は「RSSを表示する」というリンクを選択して右クリックして、「ショートカットをコピー」を選択するとRSS情報をクリップボードにコピーして、左図の入力欄に貼り付けてしまう。(なお、今回は僕のブログ、「なせばなる」を登録する。)

Feedpathadd2_1 上で追加ボタンをクリックすると左図が表示されるので、「YES」をクリックする。その次の画面でグループ分けについて聞いてくる。グループ分けは後でもできるので、「未分類」のまま「OK」ボタンをクリックする。これで新しくサイトを登録することができた。


Feedpathadd3_1 登録が済むと左図のように「なせばなる」が画面左側に表示される。そしてこの「なせばなる」をクリックすると画面右側にまだ読んだことのないページの一覧が表示される。(新しくサイトを登録したときはすべてのページが未読として表示される。)

僕はすでにいくつかのサイトをいくつかのグループに登録しているので、画面左側の部分がツリー構成になっている。そのツリー部分で「ITブログ」グループのところに「4」という数字があるが、これはまだ読んでいないページが4ページあるよ、ということを教えてくれている。

上記と同じ手順を繰り返せば、どんどんサイトを登録していくことができる。またRSSリーダーにアクセスするたびに、RSSリーダーが勝手に登録しているサイトの更新情報を拾い集めてくるので、僕たちは常に最新状態を知ることができるわけだ。

Feedpathadd4また右側の各ページのタイトルをクリックすると、そのページの内容もRSSリーダーの中で読むこともできる。(一部登録したサイト側の設定によって全文を表示しない場合もある。) つまりそのサイトに行かずともRSSリーダーの中だけで、全てを済ますことも可能なのだ。これだとわざわざサイトを移動したりということも不要である。(そのサイトに訪れないと、例えばブログだとサイトのアクセス数が増えないのでブログのオーナーには嫌がられるかもしれない。)

今回、feedpathを利用して説明したが、RSSリーダーの基本的な機能はどのサービスも大きく変わらないと思う。上で紹介したRSSリーダーの中からぜひ自分の使いやすいものを選んでもらって、みなさんの情報収集を効率化、短縮化のつながれば、これほどうれしいことはない。

|

« マルタ戦 | トップページ | W杯開幕を控えて »

コメント

すごく詳しい説明、ありがとうございます。
いろいろあるんですね。
一通り見ましたが・・差がまだわかりません(^_^;)

私はパソコン歴は長いのですが、
文字だけで掲示版みたいにお話しする・・
早い話が、ニフティのフォーラムしか知らなくて、
ネットってまだ上手に利用していないような気がするのです。
便利でもう手放せませんし、(^_^;)
もっと便利に使いこなしたいので・・
ゆっくり勉強してみます。

投稿: ぴあの | 2006年6月 7日 (水曜日) 21:00

ぴあのさん、ありがとうございます。
僕もいろいろRSSリーダーを使ってみました。
最終的にfeedpathに決めたのは1ヶ月くらいたってから。

ネットはこれからもっともっと進歩します。
僕を含めてユーザーがついてこれるかどうかは別にして。
IT業界に働く身としては最新の動向を常に追いかけるのは
たいへんです。
これからも便利と思えるものはこの場で紹介していこうと思います。

投稿: motti | 2006年6月 8日 (木曜日) 15:20

この記事へのコメントは終了しました。

« マルタ戦 | トップページ | W杯開幕を控えて »