« W杯開幕を控えて | トップページ | W杯特需を狙え! »

2006年6月11日 (日曜日)

W杯開幕!

2006wc2 ついにFIFAワールドカップドイツ大会が開幕した。
昨晩ドイツとコスタリカがFIFAの歌をバックにピッチに入場したのを見たときには震えました。グループリーグは途中までほぼ毎日1日3ゲームのペースでするから、見るほうもたいへん。今ブログを書いているが、この後1時からスウェーデンvsトリニダード・トバゴを見るつもり。

さて、とりあえず見た2ゲームの感想。

ドイツ 4 - 2 コスタリカ
ドイツは観客に勢いをつけてもらった。ラウムのシュートは見事だったけど、直後に同点。その後ゲームが膠着しそうなところで、2点目を取れたのが大きかった。中盤から前の選手がスピードもあって、元気。サイド攻撃も健在だし、バラックが復帰すると攻撃力はさらによくなるはず。しかしながら守備、特にセンターバックは不安。グループリーグ突破は間違いないだろうが、決勝トーナメントになるとしんどいだろう。決勝はイングランドかスウェーデン、攻撃力はあるからなぁ。

イングランド 1-0 パラグアイ
中盤だけ見るとブラジルにも決してひけをとらないが、トップが力不足。のっぽのクラウチ、スピードもあるし足元もうまいけど彼だけじゃ点をとれそうにない。オーウェン、ルーニーの復活がほしい。といってもこのチームのキープレーヤーはランパードだ。テレビじゃ、ジェラードが注目されているが、ランパードのミドルシュートもジェラードに負けず劣らず強烈だし、攻撃的なセンスはランパードのほうがあると思っている。ジェラードに遠慮することなく、どんどん行ってほしいね。

今日のゲームは消化不良といった感じ。難敵パラグアイ相手に勝ち点3をとれたのはよかった。次のトリニダード・トバゴ戦で強さを見せてほしい。次戦でグループリーグ突破を決めるのでは。

さ、もうすぐ次のゲームが始まる。。。

|

« W杯開幕を控えて | トップページ | W杯特需を狙え! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。