« vs ブラジル | トップページ | フットサルプラス阿佐ヶ谷 »

2006年6月24日 (土曜日)

ジダンをもう一度

2006wc2_9 今晩の4ゲームで決勝トーナメントに進出する16チームが全て決定する。前々回大会優勝のフランスは現在グループGの3位。ベスト16に進むには微妙な位置にいる。

フランスの(かつての、と言ったほうがいいかもしれない)英雄、ジダンがトーゴ戦に累積警告で出場できない。もしフランスがグループリーグで敗退ということになれば、先日の韓国戦が現役最後のゲームということになってしまう。

ジダンのダンスをもう一度見てみたい。
僕は今回、フランスのゲームをまだ見れていない。このまま1ゲームもジダンを見ずに終えるにはあまりに惜しい。

ジダンを始めて見たのは、僕がヨーロッパサッカーに夢中になり始めた頃、EURO96だった。その年、ジダンは僕の大好きなユベントスに移籍する。01年にレアルに移籍するまでジダンはずっとユベンティーノを楽しませてくれた。フランスW杯のときはアズーリに敗退に追いやったが、頼もしい選手だった。

そのジダンがこのドイツ大会での現役引退を表明。同世代としては寂しいかぎりだが、その姿を最後に焼きつけておこうと思っていた。そんな老け込む年でもないのに、明らかに体のキレが落ちているのは残念だが、時折見せるジダンにしかかもしだせない華麗なプレイはいまだ天下一品だ。

できればフランスは今晩勝ってほしい。同じアジアの韓国も勝ってほしいし、スイスには悪いけど、フランス、韓国が次にすすめれば僕にとってはベストである。今のフランスが決勝トーナメントに進んでも勝ち上がることができるかは微妙なところだが、あと1回だけジダンが見たい!

|

« vs ブラジル | トップページ | フットサルプラス阿佐ヶ谷 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。