« ブランディング22の法則 | トップページ | 初めての舞台 »

2006年6月17日 (土曜日)

強いぞ、アルゼンチン

2006wc2_4アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ

強かった。セルビア・モンテネグロは途中で完全に切れていたと思うが、圧倒的な強さだった。4年前と比べて、サビオラ、テベス、メッシと前線を見てもわかるとおり、全体的に小粒になった印象のあるアルゼンチンだが、その分スピードがすごい。リケルメのパス、キープ力もすごい。小粒なFW達をうまくコントロール。コートジボアール戦もこのゲームも完全にその技術を披露。そして若手注目株メッシ君もついにデビュー。いきなり1アシストと1ゴール。まだ18歳。あと何回彼をW杯で観れるかと思うとワクワクしてしまう。

ただアルゼンチンのキープレイヤーって、僕は左サイドのソリンだと思う。守備のときは4バックの左、そして攻撃になったらすぐさま左サイドを駆け上がっている。その超人的な運動量で完全に左サイドを支配。彼1人に左を任せておけるのは、アルゼンチンは楽だと思う。

アルゼンチン、本当強い。決勝でブラジルvsアルゼンチンなんてのを見てみたいね。たまらないゲームになりそう。どちらかが2位通過になってしまうとそれは実現しない。また過去にこの2国によるファイナルというのもW杯で実現していない。昨年のコンフェデで実現しブラジルが力の差を見せつけたけれど、今は差は埋まっているのではないだろうか。

アルゼンチン、楽しいサッカーを見せてもらいました。

|

« ブランディング22の法則 | トップページ | 初めての舞台 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。