« 新しい会社で1ヶ月 | トップページ | ネット放送と広告 »

2006年4月 5日 (水曜日)

ドロップシッピング

先日、うちの会社で話題になった、ネット上での新しい仕組み。アメリカではアフィリエイトに代わるものとして、注目されていて、日本でもちらほらその仕組みを利用しているサイトも現れている。

簡単に言うと、「中間業者、通販事業者、ネット販売事業者などが行う無在庫での販売方法で、顧客から注文が着たら、その品目および数量をメーカーや卸売業に顧客直送でオーダーするシステムツール。更に簡単にドロップシッピングをまとめると、 在庫を持たずに他人の商品を、自分の商品のように売る手法。」 (http://dropshipping.blog36.fc2.com/)

面白いサイトは、
    Club T (http://clubt.jp/)
    UPSOLD.com (http://www.upsold.com/)

ともにTシャツやマグカップ、文具などにユーザー自らデザインを手がけることができ、さらにそれをサイト上で販売することができる。もちろん、お金を稼ごうと思ったら、他人がまねのできないような、他人にあっと言わせるデザインセンスが必要になってくるが、ユーザー参加型で、うまくいけばお金儲けもできる。さらに僕の気に入っているところは、リアルなものを販売しているところ。

似たようなことはTシャツにかぎらずいろいろなことでできるはず。注目していきたい仕組みだ。何かTシャツのデザインをしてみようかしら。

|

« 新しい会社で1ヶ月 | トップページ | ネット放送と広告 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。