« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土曜日)

さいたまダービー

浦和 2 - 0 大宮

今日は嫁さんと、先輩一家とさいたまダービーに行った。
関東に来て、いちばん行きたいと思っていたサッカーのゲームが、浦和レッズのゲーム。日本一熱狂的と言われるレッズサポータがどんなに迫力があるのか、どうしてもこの目で確かめたかったからだ。

すごかったよ。

ダービーだから、大宮のサポータもたくさんいるだろうと思いきや、駅からスタジアムに歩くまでも赤、スタジアムの周辺も赤、そして観客席も赤ばかり。赤、あか、アカ。昨年万博でガンバのゲームをたくさん見たが、これほど青には染まっていなかった。

そして声援。キックオフ直前から大合唱が始まったが、その声の大きさとやら、迫力満点だった。嫁さんが「怖い」ってマジで言うくらい。日本のサッカーの歓声って、結構女性の声が混じっていて、欧州の歓声と比べると、高い感じがするのだが、レッズの歓声は低かった。これだけ大きな声で、休む間もなく、そしてチームカラーの赤にサポートされれば、強くならないといけないよ。まさにサポータに強く背中を押されて、選手はゲームに挑んでいるという気がした。

欧州のサッカーも生で体験するとこんな感じなんだろうか。
レッズのようなサポータとクラブの一体感のあるチームが、他にもたくさん生まれてくることが、Jにとってものぞましいことだろうな。まぁ、支え方はいろいろあるだろうが、レッズは本当にすごいって思った。

さて去年、ガンバでボランティアをし、チケットのモギリしてたから、そういう人たちにも注目した。モギリは若い人もしてたけど、結構おっちゃんもしていた。彼ら、彼女らは多分ボランティアだと思う。ガンバのとき、ボランティアの平均年齢は20代後半くらいだった。今日見た人のなかには50代と思われる人も多く見かけた。レッズのほうが年齢層が多岐に渡っていそうな印象を受けた。地域に住む人が老若男女問わず、そして形を問わず、レッズを支えている、そんな気がした。

日本一のサポータを見て、スポーツと地域の結びつきを感じ、とてもうれしくなった一日だった。

| | コメント (0)

2006年4月26日 (水曜日)

プロ野球開幕1ヶ月

昨日の朝日の朝刊に、プロ野球の開幕1ヶ月たっての球団別主催ゲームの平均観客動員数が出ていた。

昨年1年間と、今年4/24までの平均観客動員数を比較した場合、増加しているのは
   中日、ヤクルト、横浜
のセ・リーグ3球団のみ。

GWや夏休みなどがまだのこの時期の数字と、1年間の数字を比較するのはムチャな話なのかもしれないが、シーズン開幕直前のWBCでの野球の盛り上がりと、その後しばらく続くだろうブーム(各球団が何もしなくても野球が注目されるだろうと言う期待)を考えると、もう少し増えているのでは予測していたのだが、意外な結果だった。

観客動員が最もプラスなのが、ヤクルト。
上の比較で2500人も増えている。古田プレイング・マネージャーの人気もあるようだが、「Fプロジェクト」なるものを立ち上げ、東京での地域密着を図っている一定の効果が出ているようだ。記事にはその他、巨人のファン獲得のための取り組みなども紹介されていた。

WBC効果をどれだけ球団経営にプラスに転じることができるか。今シーズン終了後の観客動員という数字が教えてくれるだろう。

ところで、プロ野球の1ゲームの観客動員のなかで招待客ってどのくらいの割合なんだろう。

| | コメント (0)

2006年4月22日 (土曜日)

スタジアムに1回来ると8,303円

クラフトマックス江頭社長さんのブログから
http://craftmax.exblog.jp/1866946

---------------------------------------------------------
インフォプラントとUFJ総研の調査によると
スタジアムに1回来場すると1人で8,303円使うことがわかった。
チケット代 2,949円
交通費   2,117円
飲食費   1,750円
グッズ購入  713円
記念品等   774円
---------------------------------------------------------

1人8,300円かぁ。
高いなぁというのが感想。
グッズを買ったりとか、記念品を買ったりとか、僕はすることはめったにないけれど、もし江頭さんも書いたように、彼女とデートでスポーツ観戦すれば、二人そろっておそろいのグッズを身につけようだの、記念品を買おうだのすれば、デートの出費は16,000円。何度も来れるデートコースじゃないなぁ。
また家族4人とかでの観戦となるとすごい金額になっちゃうな。

中身を見てみて気になるのが交通費2,117円。
結構みんな遠くへわざわざ足を運んでいるのかな。
詳しい資料がないので、交通手段までわからないし、車で来た場合の駐車場代まで入っているのかもしれない。仮に電車で片道1,000円としたら、結構な距離を乗っていると思う。

きっとこのデータは、スポーツ全般という調査対象になっていると思うのだが、仮にJリーグでこの交通費の部分を調査するとどうなるんだろう。地元と密着させることの成果が出ているのなら、交通費はもう少し安くなると思うのだが。ちなみに僕の最寄のJクラブ、FC東京の本拠地味スタまでの電車賃は490円、往復でも980円だった(光が丘~飛田給)。

それから、上の数字はすべて平均値だが、例えば多い価格帯とかも知りたい。チケット代はサッカーだと、ピッチを横から見る、自由席、メインスタンド、バックスタンドの2,500円くらいの価格帯いちばん多いという予想するのが普通かな。グッズなどは買わない人が多いと思うので、買っている人は結構な金額を費やしていると思う。

こういう数字を球団やクラブが、自分のところのファンやサポータに対して調査することができたら、いろいろなマーケティングの検討材料になるのだろうな。

| | コメント (4)

2006年4月21日 (金曜日)

サッカー界の二つの契約

Jリーグ放送権交渉が難航
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/20060418-00000036-kyodo_sp-spo.html

NHKは放映権の減額を要求している模様。
J開幕当初のバブリーな時代と比較するのは馬鹿げているが、13年たった今、Jリーグのメディア価値はまだ下がり続けているのか。それとも今までが高すぎのたのか。
インターネットという媒体が定着してテレビ業界もスポンサーを集めることができず苦労している影響も考えられるようだ。

ところで、日本サッカー自体の価値が下がっているわけではなさそう。

100億円超!代表ユニホーム アディダス勝利のウラ
http://news.goo.ne.jp/news/fuji/sports/20060412/320060412026.html

アディダスはサッカー日本代表のユニフォームのサプライヤー契約を更新。彼らは日本サッカーに100億円の価値を見出したわけだ。まさに日本人のサッカーに対する関心度の違いを表している。ま、野球でもそうだったが、日本人は日本代表が好きだから。サッカーはこれからワールドカップもあるし、さらに日本代表に熱くなりそう。

ただ、前段のJリーグの放映権がダウンするかもしれないという話は気になる。先日のブログでも書いたが、Jリーグの放映権はクラブが個々に管理するのではなく、リーグが全体で管理し、それを各チームに分担金という形で配分している。放映権のダウンとなると、各クラブ、特に財政の苦しいクラブにとっては分担金は大きな収入源の一部になっているだけに、深刻な問題だろう。

地上波テレビの放映権のダウンが、メディア価値のダウンに直結しないのかもしれないが、そもそもメディア価値というものは人の注目を集めれば高まるもの。マスコミの注目を集めるための根本的な策は、スタジアムへの集客を高めること。ここで分配金がダウンすると、収入ダウン→観客増への投資のダウン→観客数減少→メディア価値減少→さらなる放映権のダウンと悪循環につながる可能性がある。

なんとか契約をうまくまとめてもらいたいものである。

| | コメント (2)

2006年4月19日 (水曜日)

顧客の滞在時間を伸ばせ

「千葉マリン“民営化”でグルメパーク計画」
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060418&a=20060418-00000018-sanspo-sp

この4月からマリンスタジアムの指定管理者となった千葉ロッテマリーンズの取り組み。
バーやラーメン店がすでに開店。スターバックスも出店を検討中とか。

昨年12月にロッテの企画部長の荒木さんの講演を拝聴した。1年間取り組んできた営業的な施策をいろいろと聞かせてもらった。様々な取組みのテーマは「ファンにいかに長い間球場、及びその周辺に滞在してもらうか」。ゲームで活躍した選手が3回もヒーローインタビューをしたり、昨年プレイオフ直前の前夜祭など、ファンを喜ばせるイベントの数々はテレビなどでも伝えられて、知っている人も多いと思う。

マリンスタジアムは千葉の幕張と、都心からは決して便利とはいえないところにあり、アクセスに時間がかかる。ロッテのゲームを観ようとしたら一日仕事となるのが通常。そこでゲームの時間だけでなく、ゲームの前後に様々な催しをしてファンを楽しませ、球場への滞在時間と、往復の移動時間を同じくらいにし、幕張に来てよかったと思わせたかったという話が印象的だった。

野球に限らずプロスポーツにとって、入場料収入やスポンサーからのお金に続いて、グッズ販売や飲食代による収入は、全収入のなかでも割合を占める。ファンが長く球場周辺にいてもらうことによって、お金を落としてくれる可能性は広まるというもの。

今回の「グルメパーク」(?)構想はロッテが、千葉マリンの指定管理者になったのが大きい。千葉マリンの使用に関して、今までより球団の自由度が格段に増したからだ。確かソフトバンクは、あれだけ多くのファンを福岡ドームに集めても、ファンが購入したビールや弁当の代金は、ソフトバンクに入らず福岡ドーム(第3セクター)に入るはずだ。

ロッテは、昨年はソフト面での努力が実を結んだが、今年はスタジアムというハード面も利用しての様々な努力を見ることができそうだ。せっかく東京に来たので今年は一度は千葉マリンに行こうと思っている。

| | コメント (0)

2006年4月15日 (土曜日)

祝!結婚5周年

昨日、4/14は僕たち夫婦の結婚5周年。
昨日は僕がセミナーに出席していたので、何もしなかったんだけど、日を代えて今日、夫婦2人で簡単なお祝いを池袋の寿司屋でした。

5年なんて、本当に早いもんです。あっという間。
東京で住み、働くことになるとは5年前は想像していなかった、さすがに。大阪時代も当然そうなんだけど、東京にまでついてきてくれた奥さんに感謝です。ありがとうございます。頭、あがりません。

奥さん曰く、今年はパァッとするらしい。(何をパァッとするのか怖いけど)
東京に来たばかりなんで、休日にいろいろなところを2人で周っていくのが今は楽しいです。奥様、これからもご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2006年4月14日 (金曜日)

スポーツ文化の創造

今日、都内で開催された「Jリーグの挑戦とNFLの軌跡~スポーツ文化の創造とブランド・マネジメント~出版記念セミナー」に出席した。 http://www.nfljapan.co.jp/nflevent/060224.html

下の本の著者2人のパネルディスカッション形式でのセミナーだった。佐野氏はJリーグ10年働き、町田氏は現在のNFL JAPANの代表と言うだけあって、普段は聞くことのできない貴重な話を聞くことができとても有意義だった。

今回のセミナーでもテーマとなっているように「スポーツ文化の創造」ということは、これからスポーツ文化を創っていきましょうということ。つまりは、今の日本ではスポーツが文化として定着していないことを裏返し。昨年受講したスポーツマネジメントスクールのコーディネータの先生も同様な発言をされていた。

スポーツ文化って何なんだろう。スポーツが文化になるってどういうことなんだろう。
とても難しい話だけれど、ヒントになるのは、Jリーグの掲げるJリーグ百年構想の副題にあると思う。

「スポーツで、もっと、幸せな国へ。」

スポーツが日本に住む人たちのなかでもっと当たり前の存在になること。生活の一部となること。スポーツを通して、多くの人と会話をすること、多くの人と触れあうこと。そして、スポーツへの接し方には、スポーツを観ることもあげられるが、ここでポイントなるのは、日本人がもっと「スポーツをすること」になってくる。

自分のために身体を動かすこと、(教育の一環ではなく、)スポーツをするためにスポーツをすること。そして生活の一部となる、ということは、自分の生活圏のなかでスポーツをすること。言い換えると自分の住んでいる地域で、地域の人といっしょにスポーツをすること。

スポーツをする目的は人それぞれでいい。スポーツで食っていくためにスポーツをする人もいれば、自らの健康のためにスポーツをする人、仲間といっしょに笑いたいからスポーツをする人。いろんな目的を持った人が、スポーツをすることできる場所。それがクラブである。

こういう理想を目指したのが、まさにJリーグだ。一つの地域(ホームタウン)のなかでJに所属するプロサッカーチームを頂点に、年代、性別を問わず、広い底辺を持ったスポーツクラブを作ること。普段いっしょに身体を動かす人々が、連れ立っておらが街のクラブをスタジアムで応援する。おらが街のクラブを誇りに思う、ということがスポーツが文化として定着した姿だろうと思う。

スポーツに今までお世話になってきた僕たちが、スポーツ文化の創造のため、何ができるのだろうか。今住んでいる場所で、たくさんの人がスポーツを取り組める環境を作るために僕たちが何ができるのか。これからずっと考え、行動していかなければいけないことだと思う。


Jリーグの挑戦とNFLの軌跡―スポーツ文化の創造とブランド・マネジメント Jリーグの挑戦とNFLの軌跡―スポーツ文化の創造とブランド・マネジメント

著者:佐野 毅彦,町田 光
販売元:ベースボールマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月11日 (火曜日)

放映権

プロ野球では、無料、有料を問わず12球団中3分の1の4球団がネットライブ中継を行っている。過去のジャイアンツ戦ほどの「金のなる木」にはならなくても、今後それなりに定着していけば、球団に対して新しい収益モデルを提供していくことになるだろう。

ところで、各球団がネット放送を独自に提供することができるのは、日本プロ野球では各チームが自身の主催ゲームに関しての放映権を保有しているからだ。ここで対照的な例をあげると、Jリーグの場合は、放映権はリーグが保有している。そのほかにも、リーグが放映権を保有しているケースは世界を見渡せば多くあり、同じサッカーあれば、英プレミア・リーグ、独ブンデス・リーガ、そしてアメリカのNFLもこれにあたる。これらのスポーツでは各リーグが放映権を一括で管理し、それらをリーグに所属する各チーム、クラブに分配している。

そもそもプロスポーツの醍醐味は、実力の似通ったチームの白熱したゲームにあり、最初から勝負のわかっているゲームよりは、どうなるかわからないゲームによりエキサイトするという前提に立てば、放映権収入をリーグが各チームに分配するという考え方はとても理にかなっていると思う。

一方イタリアやスペインのサッカーリーグは各クラブが放映権を所有しており、数年前イタリアで放映権収入を当てにして、身の丈に合わない選手補強を繰り返し、経営が破綻してしまったクラブがいくつもあった。これらの例を出すまでもなくリーグ共存の前提から考慮すると、放映権をここのクラブが持つことは、全体最適に結びつかず、結局はリーグの質の低下につながっていくように思える。

まだまだ始まったばかりのネット放送がプロ野球に再び危機をもたらすとは思えないが、無料でどこでもプロ野球を見ることができることをありがたく感じつつも、プロ野球の放映権の扱いを考えるべき時期に来ているのかもしれないと感じる。

| | コメント (0)

2006年4月 9日 (日曜日)

ネット放送と広告

先週、動画配信サイト「GyaO」が 千葉ロッテマリーンズの今季の全主催ゲームを独占ライブ放送することを発表した。

これでパ・リーグではソフトバンク、楽天に続き3チーム目で、6チーム中半分がネットでのライブ放送を実施したことになる。定着するかどうかはまだまだわからないが、比較的熱狂的なファンを持つ、あるいは地域のサポートをしっかりと受けたチームが積極的にネットを利用している傾向にあるといえる。各球団が、ファンへのサービスの提供する機会をさらに増やしたいと考えた結果であるととらえたい。

これらのネットライブ放送の収益モデルは、イニング間のスポンサーのコマーシャルだ。これは従来のテレビ放送と変わらないが、ネットは双方向的であるため、視聴側のデータをつかむこともできることが大きく異なる。

例えば、ロッテが利用するGyaOでは、視聴者は初回視聴時に生年月、職業、性別などの簡単な個人の属性を登録する必要がある。こういう仕組みを用意しておけば、配信側は視聴者の属性傾向などをつかむことができる。そしてこれらの情報をつかんでおけば、広告を依頼するとき、スポンサーにターゲットをしぼらせやすくできる。つまり、スポンサーは誰が見ているのかわからないテレビより、ターゲットを絞って効率的にコマーシャルを提供することができる。

テレビ放送と比べると、まだまだ視聴者の少ないネットでの動画配信ではあるが、GyaOの会員はすさまじい勢いで増えている。先日の日経ビジネスでも新しいCMということで特集が組まれていたが、広告の投資効果を高めたい企業にとっては、ネットでの動画配信は無視することのできない存在になってきているようだ。

一方で動画配信はコンテンツを提供する側も広告モデルが普及してくれば、利用しない手はないだろう。IT企業ではない親会社を持つロッテが、ネットライブ中継を始めたことで僕が思っていたよりも早くプロ野球のネット配信が当たり前になる時代が来るのかもしれないと感じ始めた。

(ちなみに動画配信はHDDレコーダと違って、CM飛ばしができない、というところでも企業側は注目しているらしい。)

| | コメント (0)

2006年4月 5日 (水曜日)

ドロップシッピング

先日、うちの会社で話題になった、ネット上での新しい仕組み。アメリカではアフィリエイトに代わるものとして、注目されていて、日本でもちらほらその仕組みを利用しているサイトも現れている。

簡単に言うと、「中間業者、通販事業者、ネット販売事業者などが行う無在庫での販売方法で、顧客から注文が着たら、その品目および数量をメーカーや卸売業に顧客直送でオーダーするシステムツール。更に簡単にドロップシッピングをまとめると、 在庫を持たずに他人の商品を、自分の商品のように売る手法。」 (http://dropshipping.blog36.fc2.com/)

面白いサイトは、
    Club T (http://clubt.jp/)
    UPSOLD.com (http://www.upsold.com/)

ともにTシャツやマグカップ、文具などにユーザー自らデザインを手がけることができ、さらにそれをサイト上で販売することができる。もちろん、お金を稼ごうと思ったら、他人がまねのできないような、他人にあっと言わせるデザインセンスが必要になってくるが、ユーザー参加型で、うまくいけばお金儲けもできる。さらに僕の気に入っているところは、リアルなものを販売しているところ。

似たようなことはTシャツにかぎらずいろいろなことでできるはず。注目していきたい仕組みだ。何かTシャツのデザインをしてみようかしら。

| | コメント (0)

2006年4月 1日 (土曜日)

新しい会社で1ヶ月

今日は4/1。
土曜日ということで会社は休みだが、早いものでもう新しい会社に入社してから1ヶ月がたった。少しずつ慣れてきて、だいぶ周囲を見ることができるようになってきた。とはいえ、現在、所属しているプロジェクトも勉強期間的な意味合いが強い。今月末には納期を迎えるが、何とか無事に完了させて、次のプロジェクトではバンバンやっていきたいね。

一方、東京弁にはやはりまだ慣れない。僕自身を関西弁を東京弁にすることはまず不可能な話なんだけれど、会社の同僚や地下鉄で他人の会話を聞いていると、まだまだドラマの中にでもいるような気がする。

さて、今日は東京に来て2回目のフットサルだった。とてもお世話になっている先輩に誘われて。3月に別のフットサルに参加したときもそうだったのだが、専属GKがいないようなときは、得点あるいは失点したらGKが変わるっていうルールだった。大阪ではこんなルールなかったなぁ。

ところでフットサルをしたのは、神宮外苑にあるフットサル場。
ちょうど神宮球場で、ヤクルト-阪神戦をやっていた。六甲おろしが聞こえてきたときにはちょっと関西にいた頃を思い出してしまった。(阪神ファンではないんだけれど。。。)

| | コメント (2)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »