« WBC;雪辱なる | トップページ | ウェブ進化論 »

2006年3月21日 (火曜日)

WBC;世界一!!!

日本 10-6 キューバ

やりました、世界一。
思えば苦難の道。韓国の呪縛をなかなか解くことができず、誤審もあり、準決勝進出をあきらめかけての世界一。王ジャパン、本当によくやった。おつかれさまでした。

最大の勝因は総合力と団結力。仲間で周りを補う団体スポーツのすばらしいところを随所に披露してくれた。その中でもキーマンとなった選手が数人いた。イチロー、松中、里崎、上原、松坂の5人は大舞台での強さを見せつけてくれた。なかでもイチローは、あえて強気な発言で日本代表の全てのプレッシャーを背負い、その中でもきっちりと結果を出した。彼はこの大会でまた一段と、特に精神的に強くなったのではないだろうか。(優勝争いのできるチームに移籍した方がよいと思う。)

開幕前、開幕後もいろいろあったけれど、WBCを開催したことは、野球を世界レベルに考えてみても、そして日本野球界にとっても非常に意味のあることだったと思う。アメリカは「Baseball」がすでに自分たちだけのものじゃないことが痛いほどわかっただろう。他国の選手は、自分たちの国を背負って戦えることの喜びを十分に噛みしめることができただろう。特に中南米の国々は経済的に裕福とは言えない国も多く、国の名誉のために全力を尽くしていたに違いない。キューバの監督がファイナルの後のインタビューで、同様のことを話し、WBCの継続的な開催を訴えていたのが印象的だった。

日本にしても、野球人気の低迷が言われて久しい状況の中、世界一が人気回復のための最高のエポックとなるかもしれない。おそらくプロ野球のシーズン開幕からしばらくは野球人気は一時的に上昇するだろう。それをいかに持続させるかは、もちろん選手たちがグラウンドでエキサイティングなプレーを見せることだが、現場以外もこのブームに乗っかっていくかを十分に考えていかなければ、野球界にとっての最大のチャンスを生かすことはできない。

野球には、五輪やW杯があるが、メジャーの参加がなく真の意味での世界一を決める大会がなかった。しかし、WBCが野球をワールドワイドに変えた。日本でも野球で世界一を目指そうと思う子供たちが今後は出てくるだろう。次の大会は3年後、それからは4年ごとに開催されるようだが、今回いろいろ出た問題点を解決することは当然だが、継続的な開催はぜひともお願いしたいものだ。

選手のみなさん、おつかれさまでした。
そして感動、興奮をありがとう。

|

« WBC;雪辱なる | トップページ | ウェブ進化論 »

コメント

「運慶」のK ROOMです。TBありがとうございました。WBC、最後はえらい注目率でした。今年はワールドカップもあるし、スポーツイヤーです!これからも宜しくお願いします。

投稿: 運慶 | 2006年3月22日 (水曜日) 10:37

本当に素晴らしかったですね。特に決勝戦は日本にとって
これ以上無いくらいの試合運びで楽しかったですねぇ。
mottiさんと同じで私もこれからのシーズンが大切だと思います。
ここで選手達がどう頑張るか、そしてファンがどうささえるかが
これからの日本野球の発展につながると感じています。

投稿: ぴあの | 2006年3月22日 (水曜日) 10:49

K ROOMさん、コメントありがとうございます。
トリノでは日本人の活躍がイマイチでしたので、今回の野球のがんばりは余計に目立ちました。やはり日本人は野球がすきなんだと思います。

投稿: motti | 2006年3月22日 (水曜日) 12:52

ぴあのさん、コメントありがとうございます。
8回裏に1点差に迫られたときは、見ていられないくらいでした。でもドキドキした分、最後の喜びは倍増しましたね。

WBC優勝が野球の人気回復につながってほしいものです。

投稿: motti | 2006年3月22日 (水曜日) 12:54

この記事へのコメントは終了しました。

« WBC;雪辱なる | トップページ | ウェブ進化論 »