« WBC;今度こそ雪辱なるか | トップページ | WBC;世界一!!! »

2006年3月19日 (日曜日)

WBC;雪辱なる

日本 6 - 0 韓国 → 日本決勝進出。

6回まで息つまる投手戦。日本は序盤チャンスをつくるも得点できない展開に、過去2戦の韓国戦を思い出させる嫌な流れ。大量点を挙げた7回もそうだった。

先頭打者、松中が2塁打で出塁するも、次打者多村は送りバントを失敗する。このゲーム、ここまで日本は二つのミスを冒していた。3回1死1,2塁の場面で西岡の3塁ライナーに飛び出してしまい封殺された1塁走者青木の走塁と、4回無死2塁で内野ポップフライを打ち上げ2塁ランナーイチローを進めることができなかった松中。そしてこの多村の送りバントのミスが3度目であり、また韓国に流れが移るのではと不安に思わずにいられなかった。

ここで王監督がすばらしい采配。打撃不振のためスタメンを外された代打福留を送る。何とかしたいという気持ちが強かったのか、それとも代打での投入がかえって無心にさせたか、3球目をライトスタンドに見事に放り込む。スタメンを外された悔しさ、そして多村のミスも帳消しにする貴重な一発だった。これで吹っ切れたのか、本来の日本らしいツナギの打撃でこの回、一気に5点。この回でゲームを決めた。

そして何といっても上原のピッチングがよかった。7回を3安打完封。ピンチらしいピンチもなかった。今日の韓国戦といい、先日のアメリカ戦といい、完璧と言える投球で、上原は来年はきっとメジャーの多くの球団からオファーがくることは間違いないだろう。

奇跡の準決勝進出を果たした王ジャパンは、見事復活を果たした。このWBC、いちばんのゲームだったし、王さんのゲーム後のインタビューの顔も今大会いちばんだった。次のファイナルの相手は、キューバ。日本の先発は松坂か。アテネ五輪のキューバ戦での快投の再現を期待したい。勝っても負けても最後のゲームだ。思い切って自分たちの力を発揮してほしい。

最後に、繰り返しになるが、福留のホームラン。ホームランという結果は偶然性も高いが、多村のミスを帳消しにしたというところがいいではないか。これがスポーツだ。仲間と支えあって、仲間のミスをカバーして一つの目標に向かっていくことがスポーツの本質だ。野球というスポーツはそういう部分がわかりやすいスポーツだ、と改めて感じた。

|

« WBC;今度こそ雪辱なるか | トップページ | WBC;世界一!!! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。