« スポーツとインターネット | トップページ | WBC;雪辱なる »

2006年3月18日 (土曜日)

WBC;今度こそ雪辱なるか

メキシコ 1-2 アメリカ → 日本準決勝進出

奇跡は起こるものなんだ。
メキシコが勝つことを心の底から願っていたが、まさか実現するとは思いもしなかった。しかも2-1という日本が準決勝に進むのに最低限必要な条件で。9回アメリカのチャンスの場面では、劇的なサヨナラが起こるとまで思っていた。神様はいるものです。

思えば、大会開催決定から開幕まで、運営方法、選手召集など国内外でいろいろ物議を醸したWBCだが、実際始まってみると日本国内で僕の予想していたよりはるかに話題になっていると思う。野球がこんなに日本中で盛り上がったのなんて久しぶりじゃあないだろうか。結構年齢の高い人たちの関心が高いことに驚きもするが、この国は野球の歴史は長いから、野球日本代表のサポータ候補は潜在的には多いと思っていた。WBCは野球に「日本代表」という視点を与えた。これが、野球界への新たなムーブメントになるかもしれない。とはいう僕も、今週はサッカーそっちのけで、野球が気になってしょうがない。

いよいよ明日は韓国とのセミファイナル。
もちろん勝ってもらいたい。TVにかじりついて応援する。とはいえ、今大会の韓国は手強い。ただ、2度対戦しても勝てなかった相手ともう一度戦うチャンスが降って沸いてきた。選手たちには全力を出してもらいたい。そして結果はどうあれ、日本には胸を張って帰ってきてもらいたい。

上原、頼む。そしてイチロー、そろそろ爆発してくれ!

|

« スポーツとインターネット | トップページ | WBC;雪辱なる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。