« 大黒、ゴーーール! | トップページ | 野球、ソフト、議題にあがらず »

2006年2月 7日 (火曜日)

ヴェルディ社長の言い訳を読んで

今週の日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」はヴェルディの社長の記事だった。

「ジャイアンツ的感覚」ですか。。。
ため息が出ます。

スポーツを企業だけが支えた時代はもう終わっている。
バブル崩壊後いくつのスポーツクラブが企業から見放されて廃部し、何人の選手が路頭に迷ったのだろう。10年前誰がプロ野球のチームが一つなくなるなどと予想しただろう。スポーツは企業の広告だけのためにあるのではなく、親会社のためにあるのでもない。もちろん、スポンサーとして企業がスポーツに不必要とは決して思わない。しかしながらスポーツは、選手のもの、監督のもの、チームのもの、ファンのもの、そして社会のもの。そんな視点がない人物がトップにいることを残念に思う。

仮にヴェルディがかつてのように王者であり続け、全国ネットで視聴率のとれるチームであったとして、それは誰の得になるのだろう。スポーツは1チームでできるものではない。また最初から勝負がわかっているゲームに興奮は起こるのだろうか。レベルの高い、力の均衡したチーム同士がプレイするゲームに僕たちは熱くなるのだ。1チームだけが飛びぬけた、あるいは飛びぬけようとしたスポーツ、それが日本のプロ野球であり、今その構造的問題に苦しんでいる。

読売グループがこれまでスポーツに貢献したその実績は認める。ただ今回の記事を読むかぎり、企業の都合でしかスポーツを考えることができない人間ばかりなのであれば、彼らはもうスポーツから離れてもらいたい。少なくとも名門ヴェルディ再生のために読売グループの力は不要に感じる。

そして何より記事を読んで残念なのは、ヴェルディのファンへの言葉が一つもないことだった。

|

« 大黒、ゴーーール! | トップページ | 野球、ソフト、議題にあがらず »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。