« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火曜日)

ビジネスブログ・SNS活用事例発表会

今日総務省主催の「ビジンスブログ・SNS活用事例発表会」に参加してきた。
明日から勤める会社の社長の薦めがあったもので。

今まで業務系のシステム開発に関わってきたので、WEB関連の仕組みをどうビジネスに生かしていくかということは、なかなか肌で感じることができなかったので、本当にいい機会だった。(明日からバンバンそういうシステムを携わるわけだが、前職の引継、引越などで時間がとれず準備不足であることが本当に情けない)

事例は、いわゆる名の知れた大企業から、個人に近い小企業まで規模の面からも、あるいは企業・組織内から企業・組織外など範囲の点からも、バラエティに富んだ8事例に直接携わった人たちの発表であり、本当に面白かった。

ザクッというとイントラ向けのブログは組織間、もしくは社員間で情報や価値観を共有することを目的とする。一方外向け、例えばBtoC向けのブログ、もしくはSNSは、マーケティングのため、ブランド構築の目的とする。ただブログ、SNSを作るというだけではビジネス上何の意味も成さず、何のためにブログを作るのか、なぜSNSを作らないといけないのかをじっくり思案されていなければ何の役にも立たないのだ、というのが感想である。

印象に残った事例は2つ。
一つは日本テレコムのイントラブログ。これは社員のライフスタイル、ワークスタイルを共有化させるためのもの。子供を持つ女性社員が最先端のICTインフラを利用してのブログを書いてもらい、子育てをしながら働く女性社員の価値観を社内に伝える事例が紹介されていた。(http://www.japan-telecom.co.jp/blog/) こんな同僚のブログがあれば、育児と仕事を両立させるワーキングマザーの気持ちも理解できるようになると思うし、日本テレコムのワーキングマザーのためのインフラ開発も違ったものになってくるだろうね。

もう一つはJリーグ2部サガン鳥栖のSNS(http://saganfc.jp/)。
目的はサポータの拡大、ホームスタジアムへの入場者数の拡大というものだが、実際に昨年度は前年に比べて入場者数が倍増し、サポータ自身がSNSのなかで年間シートの販売促進をしたりしているそうだ。ネット上のコミュニティがクラブの売上増大にも貢献しており、最高の口コミマーケティングツールとして機能している。

ブログとSNS。
これからまだまだ発展していくツールだと思うが、これらがどんな新たなコミュニティを作っていくのか楽しみだし、自分自身仕事のなかでコミュニティ形成に関わっていきたいと思う。

総務省の情報通信政策課企画グループのブログ
http://blog.livedoor.jp/bntdt916/

| | コメント (0)

2006年2月25日 (土曜日)

荒川静香、金メダル

ど素人が見ても美しかった。
そして何より滑り終わってからの笑顔がすばらしかった。

今日のNHKスペシャルで彼女をここ半年間追い続けた特集が組まれていたが、昨年から変更された採点方法が、彼女の演技にも大きな影響を与えていたようだ。それまでの採点方法が審判員の印象によるものというとても曖昧なものだったのが、前回のソルトレーク五輪での審判不祥事に伴い、技術点に関しては明確な採点基準を設け、なるべく客観的に採点ができるようにしたもの。

荒川選手があるインタビューで新しい採点方法では、技術を追うばかりで、曲にあった演技ができないという否定的な見解を示しているのを聞いたことがある。そういう考えだけに新しい採点方法に慣れるのに時間がかかったのだろう。

しかし彼女のあのキリリとした表情が示すように、また採点の対象とはならない彼女の得意技「イナバウワー」を取り込むような彼女の強さが今回のメダルに結びついたのだろう。インタビューではメダルがとれると思っていなかったとコメントしていたけれど、SPで僅差の3位につけた時点で金メダルが十分狙えると感じていたのでないだろうか。

スランプを乗り越え、新しい採点方法にも適用し、いくつも困難を乗り越えてきたから、努力を継続したから、ベストを尽くすことができた。だから「楽しかった」という言葉にすることができる。「楽しければいい」と安易に発言する他の選手と違う言葉の重みを強く感じた。

| | コメント (2)

2006年2月24日 (金曜日)

東京にやってきました。

昨日から東京に住んでいる。
最寄駅は大江戸線光が丘。

しかし引越はたいへんだった。

引越屋は、サカイ引越センターにした。5年前に利用したときに、安くはなかったが、テキパキと、そしてきっちりと仕事をしてくれたので、今回3社から見積をとったが、結局サカイにした。今回もとてもしっかりした人たちが来てくれたので、搬出、搬入とも僕らが想像していたよりも早く済ませることができた。また破損したものも一つもなく、非常に満足している。

極力要らないものは捨ててきたつもりだったが、やはり荷物は知らず知らずに増えている。今2人で片付け、整理をしているが、2日かけてやっと生活できるようになってきた感じがする。大阪に住んでいたマンションと同じ間取りだが、すこしレイアウトが違うためまだまだリズムがつかめない。まぁ、次第に慣れていくことだろう。

マンション付近を車で、あるいは歩いて散策してみたが、最寄駅までが思っていたより少し遠いのがショックだった。自転車が必須。そういえばマンション周辺で自転車に乗っている人がとても多く感じる。またマンションやアパートよりは一戸建ての住宅が多いので、特に夜はとても静かだ。静かなところが好きな僕ら夫婦には適したところだろう。

引越の後片付けにはもう少し時間がかかりそうだが、いよいよ新しい生活が始まる。来月1日からは新しい会社も始まる。慣れるまでしんどいだろうけど、すべて新しいチャレンジ。がんばりましょう!

| | コメント (0)

2006年2月20日 (月曜日)

転出届

午前中に市役所の支所に行って転出届を提出。

結婚してからここ、大阪の箕面市に住んでいたので、約5年か。通勤には決して便利とは言えなかったけど、住むところとしては本当にいいところだった。なんといっても山が近いので緑も多いし、空気が澄んでいる。結構気に入っていた土地だった。

明後日大阪を発つ。
慣れ親しんだ関西を離れることはやはりさみしい。ただ実際には引越の準備に忙しくそんな感傷にひたっている暇もない。きっと今の家を出るとき、そして東京に移動しているときにちょっとメランコリーな気分になるのかもしれない。

引越の準備ももうひとふん張りだ。

| | コメント (0)

2006年2月18日 (土曜日)

ひとつの区切り。

昨日は現職の最終出社日だった。

丸6年。今から考えてみるとあっという間の6年間だった。6年前にその前の会社にいては偏った経験しか積めないということで転職したわけだけれど、そういう意味では本当に幅の広い経験を積むことができたと思う。(途中で会社が吸収合併されるということもあったし。)

本当に上司や同僚には感謝している。いい意味でも悪い意味でも多くのことを勉強させてもらった。何よりも自分のいいところを気づかせてくれ、自信を持たせてくれるようなチャンスを何度も何度も与えてくれたことに感謝している。

最後は3日連続の送別会。
特に昨日は気のあった仲間たちだけでの送別会だった。
本当にみんなありがとう。

さ、次は引越の準備だ。

| | コメント (0)

2006年2月12日 (日曜日)

トリノの開幕とアメリカ戦

トリノ五輪が開幕。
早速モーグルの決勝があり、日本期待の上村愛子は5位に終わり、念願のメダルには届かなかった。残念。この子はメダルに縁のない子なのかなぁ。

そしてスキージャンプ、ノーマルヒル予選。何かと毎回話題を振りまいてくれる原田雅彦が、今回はなんとわずか体重が200グラムが足らず失格。200グラムっていったら水1杯くらい。本人はルールを勘違いしていたとコメントしていたが、そんなことはないだろう。なんとかならなかったのか。

サッカー日本代表の親善試合、アメリカ戦。
ニュースで見たくらいなのだが、守備陣が振り回されていた。キャンプ直後で疲れていた、シーズンオフ直後でコンディションが整っていなかった、サッカーコートでなく野球場でのゲームだった、などなど言い訳はキリがないけれど、完敗と言いきってよいと思う。結果を真摯に受けとめる以外にないと思う。ただ、このゲームはまだシーズン最初のゲームであり、結果、内容ともに一喜一憂する必要はない。6月にトップフォームを迎えればいいのだから。

| | コメント (0)

2006年2月11日 (土曜日)

ありがとう、ジャンカヌー

今日は大阪でする最後のフットサルだった。Chelsee
ここ5、6年何度も練習試合やミニ大会をしたFANさんとの練習試合だった。
いつも「ジャンカヌー」は7人くらいしか集まらないのに、全メンバー13人が集まってくれた。最後にメンバー全員といっしょにフットサルができて本当によかった。

ジャンカヌーでフットサルをはじめてもう8年以上もたつ。
仕事で嫌なこと、しんどいことがあっても、月に1、2回気のあった仲間とフットサルをすることで随分気分をリフレッシュすることができた。これからも、40をこえても50になっても(Oさんのように)フットサルは続けていこうと思うが、学生時代野球部にいた僕がはじめてサッカー、フットサルを始めたのがジャンカヌー。発起人ということでかなりわがままも言わせてもらったり、やらせてもらったけれど、ずっとこのチームを忘れることはないと思う。

ずっといっしょにフットサルをしてくれた仲間に感謝したい。
またジャンカヌーがずっと続いていくことを願っている。。。

P.S.
プレゼントまでもらいました。ボールと上のユニフォーム。
本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2006年2月 9日 (木曜日)

野球、ソフト、議題にあがらず

IOC(国際オリンピック委員会)の総会で、ロンドン五輪での実施競技から除外が決まっている野球とソフトボールの復活について検討されたが、今回は議題にすらのぼらないことが決定した。

残念。しかし、これは、やはり「野球は国際的なスポーツではない」、ということの証。84年のロス五輪での公開競技から、次の北京を含めると7大会連続で野球が開催されてきた。その間欧州で2度開催されたが、それ以外はアメリカ、韓国、豪州、そして中国とヨーロッパと比べると野球が盛んな国々。しかしながら、12年のロンドンを初めヨーロッパ諸国、あるいは今後開催が予想されるアフリカ諸国など野球が盛んでない国では、五輪のために野球場を作って、五輪が終わるとほとんど野球場を使用しないというのであれば、それはその国の税金のムダ使い以外の何ものでもない。

これまでの野球を世界レベルで考えると、特にアメリカ野球界の圧倒的な力が野球の世界への普及を停滞させてしまった。多くの日本人選手がメジャーに挑戦してるように、確かにアメリカ国内では野球の国際化がすすんでいる。しかし、1国だけに選手が集まる現在の状況は世界レベルで考えると危機的な状況とも考えられる。MLBに選手を供給する側の国内リーグが空洞化する恐れがあり、やがて良質な選手を供給できなくなる可能性もあるからだ。MLBだけの発展がいずれはMLBの崩壊につながる可能性もあるのだ。

MLBが世界への野球の普及に、やっと重い腰をあげた結果が今春のWBC開催なのであろう。サッカーW杯や五輪のような世界中が注目する一大イベントに到達するにはまだ何十年もの月日が必要になるだろうが、じっくりと野球を世界に広めていくきっかけになるのではないだろうか。

ただ野球が世界的に普及し、五輪に復活したとして、五輪の開催時期にアメリカはメジャーリーガーを派遣するのだろうか。きっと派遣しないだろう。そのとき改めて五輪で野球を開催する意義が問われるだろう。

| | コメント (0)

2006年2月 7日 (火曜日)

ヴェルディ社長の言い訳を読んで

今週の日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」はヴェルディの社長の記事だった。

「ジャイアンツ的感覚」ですか。。。
ため息が出ます。

スポーツを企業だけが支えた時代はもう終わっている。
バブル崩壊後いくつのスポーツクラブが企業から見放されて廃部し、何人の選手が路頭に迷ったのだろう。10年前誰がプロ野球のチームが一つなくなるなどと予想しただろう。スポーツは企業の広告だけのためにあるのではなく、親会社のためにあるのでもない。もちろん、スポンサーとして企業がスポーツに不必要とは決して思わない。しかしながらスポーツは、選手のもの、監督のもの、チームのもの、ファンのもの、そして社会のもの。そんな視点がない人物がトップにいることを残念に思う。

仮にヴェルディがかつてのように王者であり続け、全国ネットで視聴率のとれるチームであったとして、それは誰の得になるのだろう。スポーツは1チームでできるものではない。また最初から勝負がわかっているゲームに興奮は起こるのだろうか。レベルの高い、力の均衡したチーム同士がプレイするゲームに僕たちは熱くなるのだ。1チームだけが飛びぬけた、あるいは飛びぬけようとしたスポーツ、それが日本のプロ野球であり、今その構造的問題に苦しんでいる。

読売グループがこれまでスポーツに貢献したその実績は認める。ただ今回の記事を読むかぎり、企業の都合でしかスポーツを考えることができない人間ばかりなのであれば、彼らはもうスポーツから離れてもらいたい。少なくとも名門ヴェルディ再生のために読売グループの力は不要に感じる。

そして何より記事を読んで残念なのは、ヴェルディのファンへの言葉が一つもないことだった。

| | コメント (0)

2006年2月 5日 (日曜日)

大黒、ゴーーール!

技ありのゴールだった。
味方のパスにすばやく反応し、ディフェンスラインの裏を抜け、飛び込んでくるキーパーをあざ笑うかのような、やや浮かしたシュート。ボールは無人のゴールネットを揺らした。出場3戦目、初先発での結果は満足しているのではないかな。

大黒の移籍はリスクのある移籍だ。フランス2部で、しかもFWというポジション。ゴールが評価基準がいうとてもわかりやすいポジションだけに、ゴールを重ねることができなければ、ゲームに出場する機会も減るだろうし、それが2部のクラブともなれば彼の絶対的な評価は下がってしまう。もちろんゴールはFW一人の力だけでは産まれないけれど、厳しいプロの世界、評価基準は欧州の方がより厳しい。大黒としてはW杯までのわずかな期間でもう一つの成長を求めて海外に飛び出したわけだが、ゲームに出れないとなると日本代表に選ばれるかどうかも微妙。その辺のところは彼本人もわかっているだろう。つまり大黒はゴールを量産し続けるしかないのである。

日本代表のFWはタマが多いが、大黒柱がいない。久々代表に復帰した久保に期待が集まる(個人的にもすごい期待)がケガがいつ再発するかわからず、他の海外組は相変わらずゲームへの出場もままならない状態で、これまた不安だ。それだけに大黒には大きな期待をしてしまう。大好きなガンバ大阪に昨年まで在籍したということもあるのだけれど、フランスでゴールを重ねる大黒様であってほしいと思う。

| | コメント (5)

2006年2月 4日 (土曜日)

うちにも来ました。

「松下電器より心からのお願いです。」

我が家にも今日届いた。
松下電器産業のFF式石油暖房機の回収・点検修理活動を告知するはがきが。
全国6,000万世帯に送付し、その費用は実に10億円以上。年末には全てのTVCMを差し替えて、この件を告知。死者も出し、その対応の遅さに当初は非難の声も多かったが、その後の取り組みへの力の入れようには並みの企業ではできることじゃない。はがき送るにも10億円かけるなんてすごいよ。

一方ここまで告知活動をして、今の日本にさすがにこの件を知らない人はいないと思うのだけど、まだ全ての製品に対して回収、修理ができないということは、もう買い換えてしまった人が多いということか。それとも「うちのは大丈夫だろう」って思っている人が多いのかな。生命にも関わることだけに、この製品を持っている人は松下の活動にぜひ協力してもらいたい。

しかしこれだけの不祥事があり、また年末商戦の時期にCMを差し替えても松下の10-12月の連結決算は四半期としては過去最高を記録し、06年3月期の営業利益も前期比30%増の4,000億円で上方修正した。プラズマテレビとデジカメの販売が好調だったようだが、好調な大手総合家電メーカーの幅の広い強さを感じずにはいられない。

=======================================================

今日、とても中途半端な時期だけど新しい手帳を買った。
3月から始まる新しいチャレンジへ向けて。

| | コメント (6)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »