« 元気だからこそ | トップページ | 大雪の交通会社の対応 »

2005年12月20日 (火曜日)

SAYURI

チャン・ツィイーが好きなので日曜日に観にいった。

時々出てくる日本語(ダンナさん、お母さん・・・)、セットなど当時を生きた人間ではない僕でも違和感を感じるところはあったけれど、外国人の目を通した日本としては全体的にうまく描けていたと思う。ストーリーも日本人が作ったら、きっと最後は悲しい終わり方をするんだろうけど、この映画はハッピーエンド。自分の信念を貫けばいいことあったよっていう終わり方が、お涙ちょうだいの日本ぽくなくさわやかで後味をよいものにしていた。

それにしても出演するアジア各国の女優陣がとてもきれいだった。芸者の華々しい着物をまとうことによって輝きが増していた。特にチャン・ツィイーが自分の着物姿に見とれるシーン、僕もみとれた。しかし、中国や韓国の女優は表情や表現力が豊かだ。日本を舞台にした映画だけれど、日本人が主人公に選ばれないのがよくわかった。ただ、そのなかでも桃井かおりはいい味を出していたと思う。彼女にふさわしい役だったし、けだるい感じがとてもよく表現され、英語のなかにも彼女のニオイがぷんぷんして存在感もバツグンだった。

「日本はこんなんではない!」と思ってみると冷めてしまう人も多いようだが、そういう視点を持たず、ある女の夢物語のような軽い感じで見れば十分楽しめると思う。

|

« 元気だからこそ | トップページ | 大雪の交通会社の対応 »

コメント

TBありがとうございました。
桃井かおりの存在感って場所も時も選ばないって感じで、
憧れます。私もブログに書きましたが、この映画は日本が
舞台と思って見ずに、どこか想像の国の物語として見ると
とても素直に見れると思いました。
最後がハッピーエンドなのはハリウッドの定番ということで
しょうか?(^_^;)
これからもよかったらブログの方へ遊びに来てください。私も
時々お邪魔致します。 m(__)m

投稿: ぴあの | 2005年12月20日 (火曜日) 22:51

 トラバありがとうごさいました。こちらもトラバ致しました。
桃井かおりよかったですよねー。もっとハリウッド映画で見たくなりました。他の日本人俳優もみな頑張ってましたよ。
 今後とも、宜しくお願い致します。

投稿: トミー(猫とマンガとゴルフ~の管理人) | 2005年12月21日 (水曜日) 11:47

TBありがとうございました!
がんばれ日本の女優、ですよね。
一本だけ松田聖子が米国で主演したこともありましたが、
「アルマゲドン」ではゴミみたいな扱いでしたしねえ・・・。

投稿: 映画三昧 | 2005年12月21日 (水曜日) 11:59

この記事へのコメントは終了しました。

« 元気だからこそ | トップページ | 大雪の交通会社の対応 »